YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いアルバムの中の、ドイツの生活

村に住む、とある人の古いアルバムを預かり中。
この中の写真をデジカメで撮影して、
データ化するため、
しょっちゅうカメラで何か撮っている暇な日本人に、
その役目が回ってきた次第。

気前よく使用許可が出たので、
一部を、ご紹介。

1960年代。
私はこのあたりの、
音楽や映画やファッションに凝っていた時期があり、
何だかワクワクする。

アルバムの表紙も、チャーミング。
2510140215.png

最初のページには、結婚式の写真が。
そのあとは、新婚旅行の写真。
結婚がカメラを購入する機会だったのでしょうね。

みなで飛行機見物の図。
LHの機体デザインも、いい味わい。
ブルーのワンピースのシルエットは、
50年代っぽい。
2510140209.png

森の中で、きちんとした服と靴。
何をしてたんでしょう。
2510140210.png

民族衣装に身を包んだ子供たち。
手前の女性の皇族のような出で立ちも素敵。
2510140211.png

民家の台所。
今ではドイツで「やかん」なんてほとんど見ない気も。
赤ちゃんが、なんだか人形みたい。
いい風景。
2510140212.png

机の上の小物が気になります。
写真の色合いも、
ノスタルジックな空気感をより一層醸し出しています。
2510140213.png

すぐに毛むくじゃらになるドイツの男の子も、
このあたりまでは、まだ初々しく可愛らしい。
2510140214.png

自分の子供の頃に比べると、
写真の少なさに驚く。
フィルムにも現像にもお金がかかり、
日本もそうだったのかもしれないけれど、
小さな村で質素な暮らしをしていた人にとっては
写真はちょっとした贅沢だったのでしょう。

このアルバムを見てから、
また「レトロ趣味」がむくむく復活。
でも、服とか古本屋で買った雑誌とか、
ドイツに来るにあたって色々処分してしまったのが、
悔やまれるなー。


にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2014.10.25 20:20 
  • [編集]
私もうちのドイツ人のアルバムを見るのが好きなんですが、80年代生まれなのに、こちらの写真とあまり変わらない気がします。田舎だからかな?
教会に通うのも当たり前の時代で、日曜日ごとにきちんと正装していたようですね。
森の写真はイースターのお散歩風景でしょうか?これもよく似た写真がありました。
壁紙とか長いソックスとかエプロンとか、ほんとレトロ趣味がむくむくです。。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.10.26 10:03 
  • [編集]
中には70年代の写真も混じっていました、そういえば。
でも80年代といえば、もっとポップなイメージが(←鈴木英人とか永井博のイラストが頭に浮かんでます)。なのに、うちの写真と似たような感じとは、いやいや、ほんと?(笑)
森の写真、やっぱりイースターでしょうか。私も、この、いかにも教会帰りの服装と、何やら手に抱えている様子から、イースターかなーと思いましたが、「卵探しなら庭でするんじゃないか?」なんて思って、確信が持てませんでした。
いいですよね。こんな時代。私は11歳ぐらいの時「なぜ、60年代に大人じゃなかったんだろう」と悔し泣きをしたことがあります(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。