YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬか漬け試食会、開催

また、家人のベルギー出張についていき。

標準的な旅行の装備以外に、
時間があれば練習しようと、アコーディオン持参。

もうひとつ。
友だちに味を試してもらおうと、
ぬか漬けをスーツケースに。

到着し、ぬか床を持ってきたと友だちに告げると、
「じゃあ、試食会を」と昼食を準備してくれ。
そこにまた別の友だちと娘ちゃんが来て、
ぬか漬け、披露。

保存袋から取り出して、ぬかを洗い流し。
0310140112.png

正確には、
ナス、ズッキーニ、キュウリ、ニンジンは10日間ほど、
ミニトマトは1週間ほど漬けた状態。

初ぬか漬けということで、
成功するかどうかも自信がなく、
ぬか床を少なめに作ったため、
あまり野菜が入っていないのだけど。

キュウリとズッキーニは、
日本の2倍以上の大きさがあるので、
5センチぐらいに切って漬け。
その断面からよーくぬかが浸み込んだ状態に。

ニンジンは歯ごたえしっかり。
青いうちに漬けたミニトマトは、
ぬかの中で、いい感じに熟しつつあり。
もうちょっと待った方がよかったかも。
0310140114.png

しかし。
野菜を漬けておく期間、
ぬかに加える味つけや香りつけのための材料、
空気に触れる加減、
そういった要素がちょっと変わるだけで、
漬物の味も大きく変わりそうな。

なかなか、育てがいがありますなー。

しばらく、ハマりそうな予感。

それにしても。
漬物の香りが嫌いで、
20歳過ぎまで全く食べられず、
ぬかの中に手を入れることなんて考えられなかった、
この私が、
こうして、ぬかで野菜を漬けるようになるとは。
すごいね、ドイツ生活(笑)。

作っている過程で保存袋を開けて、
家人に匂いをかがせたところ、
「結構です!」ときっぱり言われましたが、
そのうち、糟糠の妻の故事を教えてやるかな。ふふん。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。