YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格が変わる、ドイツ生活

2日続けて、日本語を話す機会が。

いや、家でも家人と怪しい日本語で、
「フォリナー・トーク」はしているけど。

わかりやすい語彙を使ったり、
話すスピードを落としたり、
単純な文型を使用したり、
使用する言語を優位に操る者が、
相手に伝わりやすいようにと、
コントロールしながら話すこと。
簡単に言うと、これがフォリナー・トーク。

例えば、日本語非母語話者に日本語を指導する、
なんていう場面には、
フォリナー・トークやティーチャー・トークに陥らないよう、
配慮が必要だと思うけど、
家で家人と二人で話す分には、
「きちんと伝えて、理解できる」かどうかが重要。

家人の使用語彙、理解語彙、
使用文型、理解文型、
いずれも私の頭に入っているので(つまり大して多くない 笑)、
それを組み合わせて、
ばりっばりのフォリナー・トークを展開。
「我が家語」というか。

でも、そうじゃなくて。

使用語彙も発話スピードも、
何もコントロールせずに、
日本語を話したのです、日本人と。
言いよどみの意図するところまで汲んでくれ、
適切なあいづちや、
適度なタイミングでの話題転換など、
話の内容もさることながら、
そういう発話環境が、しっくりきて心地よく。

まあ、ドイツ語でのコミュニケーションが、
あまりに四苦八苦し過ぎ、というのもある。
私の場合。

その日本人とのこぢんまりした集まりは、
専門用語をどう訳すか、というようなものだったのだけど、
雑談の中で、自分で気づいたことがあって。

日本にいる時の私は、
大勢の人の前で話したり発表したり、
そういうことが苦にならない、
どちらかというと好きな方だったし、
積極的に他者と関わってきた、と思う。

でも、ドイツに来てからは、
もしかしたら、「引っ込み思案」になってるかもと。

日本だったら、
職場とか、趣味の集まりとか、
友人に誘われる不特定多数の集まりとか、
行きつけの飲み屋でとか、
何かしら共通点がある人との出会いが多く、
そこから知り合いの輪が自然にできてたような。

でも、ドイツだと、
同僚もママ友もいないし、知り合うきっかけそのものが少ない。
そういう機会を求めて、
大きい町や郊外に住む人も多いと思うけど。
私はそういうわけにもいかず。
「きっかけ」をわざわざ作るというのは、
何だかすごーくエネルギーが要る気がしちゃって。
積極的になれないんだなー。

ドイツでこそ、厚かましさが必要なのに、
これでは、いかん(笑)。

自然な日本語で話して、
使ってなかった脳の一部が活性化されて。

この気づきを活かせればいいけど、
日常の中で、またすぐうやむやになってしまう気も。

2109140206.png

この道は、どこへ行く道、ドイツ道。


にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2014.09.21 18:20 
  • [編集]
もし、ここが日本で同じような田舎に住んでいたら?と、考えてみたことがありますが、殆ど同じような状況だろうなーと。
近所のおばあとは、進んで立ち話するけど、わざわざママさんバレーに参加したり、率先しておはぎ作りの会に参加したりしないだろうな、と。
始めは文化や言葉のせいにしてましたが、これは自分の性格のせいだと、面倒くさがってダメだとは思いつつも、開き直ってみるのも気持ちよくて(笑)。
いぷしろんさんはフットワークが軽いので、自然に輪が広がっていくように思いますが。。。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.22 09:08 
  • [編集]
日本で田舎に住んでいたら・・・。うーん、何か音頭をとって、色々始めるかもしれません。おらが村の材料さ使って作る、ドイツ料理の会、とか?(笑)
そうやって、人を巻き込んで何かするのは好きなのですが、巻き込む相手がいないことに不満があるのかなあ。
いや、巻き込む相手はきっといるんでしょうね。そこまで私が踏み込んでいないだけで。
「引っ込み思案」になったのではなく、生来の怠け癖が出てるだけか?という気もしてきました。

フットワークも軽いかもしれませんが頭も軽いので、ふらふらふわふわと、いい方向に進んでいけたらなと思います^^

*****nさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.25 17:46 
  • [編集]
初めまして。コメントありがとうございました!

ドイツの田舎に引っ込んでいると、「ちょっと、聞いてよー。かくかくしかじか」「うわー、私も!」というような日々のあれこれの「発散」の機会が限られているので、こうしてコメントで共感していただけるのは、とっても嬉しいです。
そちらでの生活はいかがでしょうか。お天気とか食べ物とかどうなんだろう、と想像を膨らませています^^
ドイツ生活の情報にはあんまり役立たないかもしれないですが(笑)、これからもよろしくお願いします!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。