YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急事態につき、1か月早い収穫

今年のブドウは、あまり、元気がない。
房の数も少ないし、粒も小さい。
うちだけじゃなくて、
近所の畑のブドウも、そんな感じ。

ブドウの収穫は、たいてい10月。
去年は、前収穫Vorleseが10月12日だった。

去年の9月21日のブドウの様子。
1909140102.png

今年は、すでに実が熟し過ぎ、
実の色が紫色を帯びてきて。
こりゃ、早く収穫しないと、
全部ダメになってしまうんじゃ、
と危惧していた矢先。
1909140104.png

昨日の午前中、家人が会社から電話を。
醸造組合から、緊急に通達があり、
ブドウが傷み始めているので、
今年は1か月収穫を早めると。
明日の朝からブドウを収穫するから、
何も予定を入れるな、と。

ええーっ。
予定はすでに入ってるんだけど。

でも、そうは言っていられない。
家人も、急きょ会社を休むことにし、
自分ちのリンゴの収穫のために休みをとっていた義弟に、
訳を話して応援を頼み、
もちろん義母を伴って、
本日、朝8時半から、収穫スタート。
1909140106.png

こういう、すっかり実が枯れてしまった枝も多い。
ドイツ語で、Escaエスカという状態。
1909140103.png

なんでもかんでも房を切り取っていけばいい、
というものではなく、
紫色になっていても、中の実がみずみずしく残っていればいいけど、
スカスカだったり、酢のような臭いがするものは、
房から切り離して、捨ててしまう。

通常なら、まだこの後、本収穫Hauptleseが。
それまで実がもつかどうかわからないので、
ほとんど取ってしまうことに。

午後2時半過ぎ、作業終了。

義母を招待して、家で昼食を済ませ。
ブドウの収穫を手伝ってもらったお礼に、
今度は、義弟のリンゴ畑へ。
義弟の嫁、その両親、子供たちも勢ぞろい。
1909140107.png

男性陣と子供たちが、リンゴの木に登り、
枝を揺らして実を落とし。
主に女性陣が、それを拾い集める。

リンゴの木が何本あるか、誰も把握していない(笑)。
夜8時前に、全てのリンゴを集め終わり。
牽引車に積んだ実は、そのままジュースを作る会社に持ち込み。
1909140109.png

麻袋に詰めたのは、ガレージで保管。
1909140108.png

今日は、朝から何時間からだを動かしていたことか。
テレビで、サッカーの試合を観て、
そのあとF1の決勝レースを観て、
さらにマラソンも観終わったけど、あの人まだリンゴ拾ってる!
そんな状態。

いつもは本収穫のブドウで、自宅用ワインを作るんだけど、
今年はもう実がほとんど残ってないので、
来年のうちのワイン、無いってことか?
こ、これは、困ったことになったぞ。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

penedescat 

わわわ、緊急の葡萄収穫大変ですね!
お疲れ様です!!
今年はこちらも例年より収穫時期が早くて、8月末に最初のトラクターを見かけ、今が収穫ピーク。道路に出れば必ずトラクターがいるので渋滞するんです。
いつも通る道に、某有名ワインメーカーがあるんですが、そこは醸造に失敗したか出来が悪かったブドウを使って高級酢を作成してお店で売ってるんですよ。一生懸命育てたブドウ、無駄にはできませんもんね。

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.20 09:19 
  • [編集]
すでに筋肉痛でえらいことになってます(笑)
そちらでも、収穫時期が早かったんですね。気候のせいなんでしょうかね。
トラクターによる渋滞、よくわかります^^
ブドウの酢ですか!バルサミコみたいな感じなんでしょうか。酢の匂いのするブドウはワイン醸造組合では引き取ってくれない(といっても完全にわけることはできないので、結構混ざってしまいますが)ので、そういう加工の手段もあるなら何とかしたいものです。

緊急事態 

  •  
  • URL 
  • at 2014.09.21 15:54 
  • [編集]
大変ですね!我々のまったく知らないブドウ栽培地の皆さんのご苦労は計り知れないものがあります。おまけにリンゴの取り入れと重なるとは!
ワインにうるさい妻からのご質問…。今年の気候は初めブドウに良かったはず、それが8月頃の雨の降り過ぎで秋のこういう結果になったのですか、と?
先日我々の行ったブドウ栽培地のアール谷では、元気そうな赤ブドウをいたるところで見たので、今年は豊作かな、と素人なりに考えていました。
とにかく、一本の瓶につまったワインにどれほどの労力が含まっているやら。妻は「それを思うと、ワインの(特にドイツのそれの)値段は安い!」といつも仰せられ、せっせと買い込み下戸の私を尻目に一人で飲んで楽しんでいます。

Re: 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.22 08:32 
  • [編集]
アールのブドウの記事を拝見して、「おおー、ここは見事なブドウが!」とうらやましかったです。
奥様がおっしゃるように、8月の雨が悪影響を及ぼしたのでは、とうちの村人たちは話しています。ここまで急に状態が悪くなるとは、8月の時点では思いもよりませんでした。
うちはまだ趣味の範囲なのであきらめもつきますが、これを生業にしている方にとっては大打撃かと。

ワインの消費に大変貢献してくださっている奥様に、いつかうちのリースリングワインを召し上がっていただける機会があれば!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。