YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋、日本人の作品を見に行こう

先週、ベルギーのブリュッセルで開催された、
日本人主催による日本人のための、
とあるフリーマーケットをのぞきに。

友だちが、そのまた友だちと2人で、
ブースを出すというので、連れてけ、とねだり。
1809140113.png

ブリュッセルの中でも、
特に日本の方が多く住む地域で、
こういう場所ならではの、
日本人向けのビジネスチャンスがあるんだなあ、
と社会見学もし。

さて、本題。

友だちが、なんでこのフリマに出店していたかというと、
今度ブリュッセルで開催する、
展覧会のお知らせを兼ねていたわけで。

友だちというだけじゃなくて、
こういう日本人の活動を応援したい気持ちがある。
巨万の富があったら、パトロンになりたいぐらいですが、
残念ながら、今の私にできるのは、
ささやかな告知のお手伝い。

ブリュッセルの、日本人美容師の方のお店Jauneで、
ベルギー土産をモチーフにした、
Misao Iwamotoさんのイラストと、
Minarinさんによるフェルト作品の展覧会が。
1809140114.png

Belgian Souvenirs
9月20日から26日まで。
住所: 31, rue Lesbroussart, 1050 Brussels
http://salonjaunebruxelles.blogspot.be/p/blog-page.html

美容室ですが、ギャラリーにもなっているので、
ふらっと立ち寄って、展示だけ見るのもあり、です。

もうひとつ。
ドイツ在住、日本人アーチストTamaki Watanabeさんと、
ドイツ人アーチストWalter Zurbolgさんの2人による展覧会のお知らせも。

こちらは、ドイツ、オランダ、フランスで開催。

ドイツの会場は、Nordhornという、
ミュンスターの西北に位置する町に。
SONIC CLUTTER
9月14日‐11月23日
会場:Städtische Galerie Nordhorn
Vechteaue 2, 48529 Nordhorn

上記サイトのこのページに、作品写真などの詳細が。

オランダ会場は、広い彫刻公園の中にある、
ギャラリーでの展示だそうです。
Mosquito piece
9月7日‐10月26日
会場:Landgoed Anningahof
Hessenweg 9
8028 PA Zwolle

フランスは、リヨンにて、10月15日から。
会場:l’oeil de boeuf
2 rue René Leynaud,
Lyon 1 France

作品の動画へのリンクはこちら→http://vimeo.com/106047557

それにしても。
こういう作品に接すると、
「才能」ということについて考えざるを得ませんね。
私にも、なにか「取り柄」があったような気がするけど、
どこへ行ってしまったのか。
サメにでも食べられちゃったかなあ。

私のことは、ともかく。

お近くの方も、そうでない方も、
ぜひ。


にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

なるほど!こちらに! 

  • じゅり 
  • URL 
  • at 2014.09.18 23:08 
  • [編集]
イプシロンさん、こんにちは!
ロンドンに行っておりまして、ちょっとご無沙汰いたしました。

なんと、ブリュッセルへはぷちま(フリーマーケット)にいらしていたのですね!我が家からはクルマで10分強ほどのエリア、土曜の朝市に買い出しにいくエリアです。ぷちまはまだお邪魔したことはないのですが、お友達が出店されていらしたのですね。

ブリュッセルとおっしゃっていたので、もっとセンターの方にいらっしゃるのかと思っていましたが、そんな近くまで!ひょっとすると、ご挨拶できたかも、と、今更ながら一人で興奮しております。しかし、思い起こせばあの日はシャワーブースの修理工事があり、ちょっと落ち込むこともあって、珍しくネガティブ祭りになっていた日でありました。。。

このところ、歩いていると、マロニエの実が落ちているのに遭遇するようになりました。ということは、栗の季節! ブリュッセルでは栗拾いできる場所はかなり限られているようです。
マルシェで栗を買って、栗ご飯にしたいところですが、栗の皮むき、大苦戦した記憶があり、躊躇しております。皮むきのコツなど、ありますでしょうか?
あと、こちらの栗で栗ご飯、試されたことはおありですか?

ちなみに、私はベルギー人が優柔不断だと感じたことはないです。私がもっとずっと優柔不断だからかもしれませんが。笑

じゅりさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.19 08:59 
  • [編集]
こんにちは!いいなー、ロンドン。近いですもんね~。

そうです^^ストッケルへ。お近くだったのですね!
今は工事中でマルシェは別の所に出ているとか。(先日、仕入れた情報です 笑)

栗の皮むきですか。私は水に浸けてから、薄皮をむいています。そうすると多少むきやすくなるような。
栗ごはん作ったこと、ありますよー。よろしければ、こちら↓をご覧くださいませ。
http://ywieypsilon.blog.fc2.com/blog-entry-595.html・・・参考になれば、幸いです^^

オランダ語圏のベルギー人しか知らないのですが、男性は柔和で優しい人が多い印象があります。ブリュッセルはまた違うでしょうか。

拝見しました! 

  • じゅり 
  • URL 
  • at 2014.09.23 17:10 
  • [編集]
イプシロンさん、こんにちは。

栗ご飯の記事、拝見しました!栗のヒダの形がしっかりあって、なんだかかわいいです。栗の皮むき、特別な道具は使っていらっしゃらないのですね。では、私も意を決して、、(大袈裟)。単に、私の手が軟弱なんだと思われます。ちなみに、栗の皮むきに圧力鍋を活用できると聞いたことがありますが、イプシロンさんは試されたことはありますか。

それから、お友達さんの作品展、お邪魔してきました!作家さんお二人にもお会いできました(お友達さんはどちらの方だったのでしょう?)。
かわいくシュールな作品、色合いやモチーフが好きだなぁと思う作品、楽しませていただきました。
ヘアサロンJauneのエリア、普段なかなか行く機会がないのですが、ブリュッセルらしさを堪能できそうな面白そうな界隈だったので、今度ゆっくり探索してみようかと思います。

それから、ベルギー人男性に優しい人が多い、というのは大賛成です。物腰柔らかで、私はよく癒されています(笑)。ベルギー人女性は、いろんな人がいますが、ハッキリした人が多い気がしています。

じゅりさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.09.24 08:29 
  • [編集]
わー、Jauneの作品展、足を運んでくださったんですね~。ありがとうございます。イラストを描いてるほうの人に、Leuvenではいつも遊んでもらっています。

栗の皮むきに圧力鍋ですか!試したことが無いです。蒸すか茹でるかすると剥きやすくなるんでしょうか。
うちは栗をそのまま食べる時は、十字の切れ目を入れてオーブンで焼きます。渋皮が完全にとれないのもあるのですが、香ばしくてそのまま食べられますよー。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。