YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4,500人の日本人女性が、バーデン・バーデンに

先週だったか、
Schloss Neuweier(シュロス・ノイヴァイアー)という所に、
日本の国旗が掲げられているのを目撃。
シュロス=城、といっても、
ここは、ホテルとレストラン、
ワイナリーも備えた施設。

国旗の詳細を尋ねようとしたものの、
あいにく人がおらず、そのままに。(→その時の記事

こんな風に、はためいていたのです。
0907140121.png

数日前、家人の友人に誘われて、
そのシュロス・ノイヴァイアーの向かい側にある、
豪華な城とは対極にあるような、
でも、ドイツっぽい素朴な佇まいが好ましい、
小さなレストランへ。
1807142352.png

城を見ると、まだ日本の国旗が。

そこで、店の主人をつかまえて質問。

私の非常に残念なところ。
好奇心からついつい質問してしまい、
親切に詳しく説明してもらっても、
100%理解できないという。

家人は友人との話に夢中で、
ちゃんと聞いてないし。

何とか私が聞き取れた範囲では、
バーデン・バーデンに本社のある化粧品会社の、
日本のセールスレディの皆さんが、
研修旅行で、バーデン・バーデンを訪れる予定だと。
その数、4,000人以上らしいよ、と。

ひぇー、す、すごい!

と思っていたら、地元の新聞に記事が。

この町に本社がある化粧品会社というのは、
Biodroga(日本語表記だと、ビオドラガ)。
日本の代理店はプルーン製品でおなじみの会社で、
今回約4,500人の日本人女性の皆さんが、
バーデン・バーデンを訪れた、と。

4,500人って、うちの村の人口より多い・・・。

で、国旗の件。
ビオドラガの日本市場向けフェイシャルケア製品。
この製品には、ブドウの抽出液が含まれていると。
そのブドウというのは、
バーデン・バーデン近郊のブドウ畑で収穫されたものだと。
ということで、ブドウ畑の麓に建つ、
このシュロス・ノイヴァイアー訪問が、
研修旅行のプログラムに含まれている、と。
城では、日本からのゲストに敬意を表して、
国旗を掲げたんでしょうね。

新聞には、そのブドウ畑の地域の名が書いてあり。
それは、まさに、うちのブドウ畑がある所。
うっそ。そうだったの。
そりゃ、うちのブドウ畑の面積なんて、
砂漠の砂の一握りぐらいのものだけど、
それでも、何だかすごーく親近感が。
1407140130.png

ちなみに、バーデン・バーデンの近くの町は、
プルーンの産地としても有名。
まあ、これは全く関係ないか。

いや、とにかく。
4,500人の皆さんが、黒い森の町にお越しになり、
かすかにドイツの私と日本との,
ブドウがとりもつ縁も確認でき、
田舎住まいの私には大ニュース。
何だか、妙に浮足立ってしまったのでした。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • 海 
  • URL 
  • at 2014.07.19 16:50 
  • [編集]
え~!Yさんがお住まいのところは人口がそんなに少ないんですか?ということは、村の人皆知り合い、くらいの感じですかね。
そういう小さいコミュニティーで生活するってどんな感じですか(っていつもブログで拝見してますがw)
うちも子どのために郊外に出た方が・・・という話もあるんだけど人付き合いとか面倒臭いかなとか、どーも私がやっていけなさそうな・・・・w
そのお魚のお祭は私も行ってみたいなあ☆

海さん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.07.20 10:00 
  • [編集]
村の人は私を知ってるけど、私はその人を知らないってことが多いです。
うちの親戚の子供たちを見ていると、広い庭で伸び伸びと遊んで、「田舎の子」という感じがします(笑)

大きな町の郊外とかで、越してきた人が多い地区だと人付き合いとか面倒じゃないかも。
うちの村も最近は越してくる人が増えて、義母などは「苗字を聞いても誰だかわからない人が増えてきた」
なんて言ってます。

えーと。
お、お魚のお祭り?

鍵コメさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.07.22 09:22 
  • [編集]
ウェルカムパーティの時でしょうか。新聞にはカジノの建物の前で記念撮影なさっている写真が掲載されていました^^

鍵コメさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.07.24 08:54 
  • [編集]
メールをお送りしました。
届いていないようでしたら、ご一報くださいませ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。