YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツでも日本でもない国を、応援する

日本と他の国の温度差を感じることのひとつ。
国旗の扱いというか、国旗への思いというか。
日本のいろいろな事情について触れずにおこうと思いますが、
国旗を掲げることにタブーが存在する国は、
日本以外にもあるのかもしれない。
いや、ドイツも数年前までは、
あからさまなナショナリティの発露は、
憚られることではあった筈。
でも、サッカーのドイツ代表応援という名目で、
今では、ドイツ中で堂々とドイツの国旗を目にすることができる。

日本にいた時、アイルランド人の友人とF1観戦に。
出かける前、食べ物とか飲み物とか、
「何、持ってく?」と尋ねたところ、
「アイルランドの旗です」との答え。
ほんとに旗を持ってきて(というか、旗しか持って来ず)、
背中にまとって応援を。
あ、その時は、アイルランド人率いるチームが参戦していて。

他にも、韓国人やネパール人やインドネシア人の友人の家には、
壁に国旗が貼られていたり。

自分の国を離れても、
こうして国を堂々と誇りに思っているのって、
日本人にはちょっと慣れないことかも。
でも、それが普通にできるのは、ちょっとうらやましい感じも。

さて、もう少し、国旗の話。
1706142313.png

オランダとフランスとロシアの国旗。
当事者には申し訳ないけど、
私、全く区別がつかない。

そして、ドイツとベルギー。
ベルギー国旗は、縦に左から、黒黄赤。
黒地に黄色いライオンが赤い舌を出している様子、らしい。
ドイツ国旗は、上から黒赤金。
なんのシンボルかというのは諸説あるようだけど、
私は黒いジャケットに赤いネクタイ、金ボタン、と覚えている。
で、この二つの国旗の色遣い、同じように見えてしまう。

今回のワールドカップ、ベルギーの初戦がある日に、
偶然ベルギー滞在。
ベルギーのサッカー熱って、これまであまりピンとこなかったので、
どんなもんだろうと、町の様子を観察。

うわー、町中、ドイツの応援してくれてるの?
とうっかり思ってしまいそうな配色があちこちに。
1706142314.png

試合前は、ベルギーのユニフォームに身を包んだ人たちが、
続々と広場に集まり。
1706142310.png

家人がどうしてもモニターが置いてあるところで食事をというので、
友達夫妻と夕食をとりながら観戦。
みんな戸外のテーブルでビール飲みながらテレビを観ているからか、
レストランの中は、閑散と。
1706142311.png

家人がレストランのサービスの人に、ひいきのチームを尋ねると、
なんと「ドイツ」、と。
聞けば、トルコ出身の人で。
へー、ドイツに反感持たずに応援してくれるなんて、
なんか、ちょっと、嬉しいじゃないの。

試合は、ベルギーの勝利。
これが、対ドイツとか、対日本だったら、
また事情は変わってくるけど、
今日の試合は、迷わずベルギーを応援。
せっかくその国にいるんだから、
サッカーに興味ない、とプイーンとするのはもったいない。
もちろん、どう振る舞うかは個人の自由なので、
興味が無い人はそれで全くかまわないけど、
私はやっぱり、自分の国を愛する人をたくさん見てきたせいか、
自国の応援に夢中になっている人の気持ちを、
理解して尊重したいと思って。
1706142312.png

ワールドカップなど、国際的スポーツイベント開催の是非は別として、
限られた国しか出場していないにしても、
色々な国の人の感情を慮る機会にはなるんじゃないかな。
というか、そういう観覧の仕方もあると思う。
個人的な意見ですけど。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2014.06.21 06:02 
  • [編集]
確か、前の前のWMで、ドイツ内が今までになく盛り上がって、Nationalismus から Patriotismus への変化だと各方面が持ち上げて、みんな安心して&堂々とドイツの旗をパタパタ出来る日が来たーなんて言ってました。
それから8年、どんどんと旗は増えて、パタパタとはためいてますが、なんか旗が安っぽくなったなーという感覚を覚えるのは私だけですかね(素材は明らかに安物になった!)。

サッカー観戦大好きだけど、お祭り騒ぎが苦手なので、ゆっくり自宅観戦派です。あー日本敗退かー…くぅーー

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.06.21 18:02 
  • [編集]
そうですね。ドイツで開催されたW杯の直後にちょっとドイツに来てましたが、ナショナリズム意識のWendeがあったことは大いに理解できる感じでした。
今はあちこちに旗が掲げられすぎてて、誕生日やカーニバルの飾りみたいになってますね(笑)。

いろんな国を応援してますが、日本を応援するときはもちろん、一番力が入ります。で、負けた時のショックも大きいです。。。引き分けもサビシイ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。