YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い森の民族衣装に、ほれぼれ

子供の頃に、色々な国の民族衣装を着た人形をもらうことが多く。
そのせいか今でも、民族衣装に特別な思い入れが。
もちろん、デザインや色遣いによって、
心惹かれたり惹かれなかったりするけれど、
細かい工夫や手仕事ぶりを見ると、ため息が出る。

日本にいる時には、
友人が集めた東欧の民族衣装を借りて写真を撮ったり、
タイ人の女の子にタイの晴れ着を借りたり、
某市に『リトルワールド』という施設があり、
そこでアルザスやら韓国やらインドやらの衣装体験をしたり。
で、「よく似合う」「まるで現地人」「衣装に全く負けてない」など、
褒められたり褒められなかったりし。

もちろんバイエルンの民族衣装Dirndlは持っていますが、
それ以外にも、
古着屋で10ユーロ以下で売られているものを見つけては買い。
0506140100.png

5ユーロ以下で出ている古い雑貨があれば買い。
0506140101.png

蚤の市を巡るとか、ebayで競り落とすとか、
そこまではせず、
偶然出会った時だけ手に入れる。
そんな中途半端な民族衣装ファンの私が、
何度訪れても時間を忘れて長居するミュージアム。
黒い森の小さな町Haslachハスラッハにある、
Schwarzwälder Trachtenmuseum(黒い森の民族衣装博物館)。
0506140002.png

元修道院を改装した博物館で、
当時の修道士の部屋をそのまま生かして、展示場所に。
ドイツ人も昔は小柄だったようで、
部屋も小さいし、天井も低い。
0506140005.png
0506140006.png

黒い森、およびその周辺の小さな地区ごとに、
それぞれの服飾文化が。
0506140010.png

生地の模様を染め抜くのに使う、木型。
0506140004.png

ディテールが気になる。
ボタンの数とか、刺繍とか。
0506140007.png

胸元のまっすぐなピンが、アクセントに。
0506140008.png
0506140009.png

ガラス玉を組み合わせたゴージャスな帽子。
これをかぶって外に出ると、
風や雨が気になって仕方がないと思うけど。
で、カーニバルの時に馬のかぶりものを長時間頭に載せていた、
私の経験から申し上げますと、
頭上にある物をまっすぐ保とうとするのは結構大変で、
あとで首が痛くなること必至。
0506140012.png

この、刺繍が施されたリボンはな、
こうやって紡ぎ糸をまとめるのに使っておったんじゃよ。
0506140011.png

一番気に入った、よそいき服を着た女の子。
0506140013.png

うはうは、きゃーきゃー、
子猿のように浮かれて展示を見て回り。
0506140014.png

場面ごとに異なる服装から、
行事や仕事を尊重した暮らしぶりが見えてくる。
小さな村々の、豊かな文化。

ほんと、好きなんですよね、
こういうVolkskundemuseumというか、
民俗文化資料系の博物館。
うわわわー。
写真見てたら、また行きたくなってきた(笑)。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • 海 
  • URL 
  • at 2014.06.05 18:18 
  • [編集]
私も民族衣装大好き!Dirndlはさすがに持ってないんですがw
そんなあなたにこちら>https://twitter.com/Minzokubot
色んな国の民族衣装が紹介されてますv-238

NoTitle 

  • kotomi 
  • URL 
  • at 2014.06.05 20:13 
  • [編集]
うわーもう、絶対行きたいこの博物館!
知ってますよー、黒い森の民族衣装。
あの赤い玉をたくさん頭に乗っけてる女性とか。憧れです。
フォークロアの服、私もけっこう集めてました。
ていうか、日本では普通に着てました。オーバーオールと着るのが定番で。
こっちで例えばそれをやったら、日本で浴衣に安全靴でリュック背負ってる
外国人みたいに違和感あるものなのかもしれないですね。
なので、どう着たらいいかわからず箪笥の底に眠っています。

そういえば今日、バーデン地方に住む親戚が来るんです。
どんな風にを話すのか楽しみ!

NoTitle 

  • penedescat 
  • URL 
  • at 2014.06.06 00:52 
  • [編集]
私もこの博物館に行きたいです。博物館だけじゃなくて、ドイツではお祭りで実際に民族衣装を見かける機会があっていいですよね。スペインはなんかそういうのがあまりなくて残念。(フラメンコの衣装は別です、あれは民族衣装ではないので 笑)

海さん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.06.06 08:06 
  • [編集]
おおーっ、同志でしたかぁ!
この民族衣装Bot、教えて下さってありがとうございます。
見始めたら止まりませんねー。こうして民族衣装を着ている人の写真を見ると、顔つきも個性的に見えてきますね。
黒い森の衣装が紹介されてるのも発見しました、ウレシイ。

kotomiさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.06.06 08:14 
  • [編集]
私も日本にいるときはアジア民芸店で買った服とか着てましたけど、うん、確かにこちらで着る機会は無いですね。。。
オクトーバーフェストの時にはDirndlで行きますが、うちの村の祭りでは、やっぱりそれもNG。でも、記事中の写真のブラウスはOKなんですよねー。「お祭りらしくていい」と義母にも褒められます(笑)
バイエルンの服はダメだけど、他の国の衣装ならいいって、わかるようなわからないような。

バーデン地方からご親戚が!?わー、どの辺の方だろう。バーデン弁、kotomiさんにどんなふうに聞こえるか感想をお聞きしたいです^^

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.06.06 08:30 
  • [編集]
今度黒い森あたりに来られることがあったら、ご案内しますよー、この博物館。
スペインも地方ごとに民族衣装がある(あった?)んですよね。でも、お祭りとかに着ないのは残念です。ドイツみたいに「地方人の主張」が前に出てこない感じでしょうか。

あ、そういえば、私がよく民族衣装体験をした「リトルワールド」ってところ。
スペインの貸衣装はフラメンコドレスだったような気がします!
そっか、民族衣装じゃないですね~(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。