YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ化しつつある、小さい失敗

お友達のお子さんをウチでお預かり。
共有玄関まで出て、ママにバイバイし。
数歩離れたウチの玄関に戻り、
家に入ろうとしたその瞬間に、ドアがばたんと閉まり。

こちらのドアは、一旦外から閉めたら、
自動で完全にロックがかかる。
家の鍵は当然持って出ておらず。
携帯も何もない状態。
しかも、約束の時間を勘違いしていて、
子どもを迎えた時には、何とまだ部屋着姿。
素足に部屋履き。
家人も外出中。
外は滝のようなどしゃぶり。
スペアキーが徒歩10分離れた義母の家に置いてあるけど、
傘もなく。
子どもと3人、廊下で一瞬途方に暮れる。
戸外に締め出されなかったのが、唯一の救い。

仕方がないので、地下へ。
ウチの地下室にはビーチボールやらサイコロクッションやら、
遊べるものがいろいろ置いてある。
幸い地下部分もボール遊びができるぐらい広く、
ママがお迎えに来るまでの2時間、そこで遊ぶことに。

2時間後、ママがお迎えに。
車で義母宅まで送ってもらい。
よれよれの部屋着姿で現れた私を見、
「何事!?」と大騒ぎ。
一部始終を説明し、鍵を受け取り。

うっかりドアが閉まってしまう、
というのはこれまでにもあったけど、
子どもたちに申し訳なかったなー、とがっくし。
こういう、小さいミスが、
ドイツに来てから多い気がするわ。
些細な失敗とはいえ、それが積もり積もると、
ある日急に脱力感に襲われる。
いうことで、昨日はしんなりしてました(笑)。
打たれ弱くなってるかもしれない。

午後からは、朝の雨がうそのように晴れ渡り。

気晴らしに庭に出て、土を耕し、種を撒き。
そのままになっていたFlieder(ライラック)の枯れた花を落とし。
ジャガイモの葉を荒らすコロラドハムシを退治し。

冬場あまり気温が下がらず、
霜がおりなかったせいなのか、
ナメクジ被害が去年よりもひどい。
2505141130.png

庭仕事のように、無心に身体を動かして、
それがちゃんと「実を結ぶ」作業があるのはありがたい。
スポーツも嫌いじゃないけど、
収穫できるものがないからなあ。
パン喰い競争とかなら頑張れるだろうか。

とにかく。
気を取り直して、土いじりから力をもらって、
ニュートラルな状態に。
さて、また1週間、お気楽に過ごしますわよ。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2014.05.25 20:01 
  • [編集]
パン食い競争!!(笑)

私もこの失敗よくやっています。。。特に犬の散歩に出掛けるときに、鍵なんか持たないものだから。。
うちは近所に鍵を預けていて、2回目には、恥ずかしくて、ここだけの話、合鍵を庭に隠しました。
街に住んでいたときは、夜中の3時に(飲みの帰り)起きている友達を探し回ったこともあるのに、未だにこの癖治りませんね。
ナメクジ、イヤですねー。集めまくるしかないっす。

penedescat 

あの“締め出し”は罰ゲームみたいでへこみますよね。家の中に入れないっていうだけで、ものすごい無力感。
実は昔ドイツの学生寮に住んでた時、締め出されちゃった学生さんがいて、その彼氏が体当たりでドアを開けた瞬間を目撃しました(まるで刑事ドラマ)。それは部屋のドアだったから体当たりで空いたけど、玄関は難しいかな。。。

今回のことは、それで悪運を使い果たしたと信じて、気楽にいきませう!

わたしも! 

  • コノハズク 
  • URL 
  • at 2014.05.25 23:12 
  • [編集]
わたしもこの失敗、経験があります!

夫が戻るまでの数時間、電話や携帯が家の中で鳴っているのに耳を澄ませたり、お隣さんに水分補給の心配をされたり、何度も共同玄関まで見に行ったり…
以来、本当に「一歩」でも家を出るときは、鍵を持って出ています ^^;

うちは誰にも合鍵を預けていないので、万が一、二人揃って鍵を持たずに出てしまったら、数百キロ離れたところに住んでおられる大家さんに連絡するしかありません… ^^;

日本にいるときは、逆に「鍵閉めたかな?」と思って数分の道程を引き返すことが多かったのですが(そしていつも閉まっていました!)、こちらではその心配をしなくていいのが、まあいいのかな、と思っています ^^

ブドウ畑のお仕事も畑仕事もこれからが本番ですね。
実りの秋が待ち遠しいですね (^—^)

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.26 09:08 
  • [編集]
これまで何度もあるので、外出時には相当気をつけるようになったのですが、ほんと思わぬ一瞬のできことでボー然、でした。
私もどこかに鍵を隠しておきたいのですが、もうひとつスペアを作るのを家人が妙にしぶっているんです。簡単には作れないとかなんとか。
ナメクジも虫も、根比べですねー。あきらめないぞー。

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.26 09:20 
  • [編集]
そうですねー。無力感・・・。あと「またか」という自分への腹立ち(笑)。
た、体当たりですか!廊下部分に、助走ができるスペースが十分あったら、試してみてたかもしれません。
いや、でも私の体当たりじゃ、ぼよよよーんとはね返されて終わりそう。

しばらくは、悪いことが起こらないことを祈りますー。なーむー。

コノハズクさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.26 09:26 
  • [編集]
何とかならないでしょうかね、このドア。
私、ホテルでも締め出されたことがあるのを思い出しました。ホテルの場合はすぐフロントに言えばいいから大きな問題にはなりませんが。

もし、ご夫婦そろって鍵をお忘れの時は、クレジットカードのような薄くて強度のあるものが役に立ちますよ!
それか、うちにご連絡ください。義兄のとこに便利な道具があります(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。