YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食洗機やオーブンでおなじみ、ガゲナウGaggenau

今日は一日まるっと、自分の時間があるはずだったのが。

カールスルーエで手工芸系のメッセがあり。
去年行った時に見つけたバッグ、
この1年欲しいなー、買いたいなーと思い続け。
今年もまた、その工房が出店しているのをサイトで見つけて、
よっしゃ、買いに行くぞと。

ところが。
姪っ子に「遊びたーい」と言われて、
むげに断れず。
結局、午後2時ごろまで一緒に家にいて。

メッセに行く時間はなくなったけど、
天気のいい休みの日、このまま家の中にいるのもね。

ということで。
6月末で有効期限が切れる回数券を使うべく、
バスで、Gaggenauガゲナウという町へ。

この町は、うちの辺りでは、ダイムラーの工場のある町として知られ。
うちの村にもこの工場に通う、東欧から来た家族が住んでいる。

あと、ビルトインキッチン機器ブランドのガゲナウ、
今はBSH傘下となってミュンヘンに本社があるけど、
元々はこの地で創業された会社。

うちも新居にはオーブンやら食洗機やらコンロやら、
ガゲナウ製品を設置予定。
でも、肝心の家が、一向に工事にとりかかる気配もなく。
ま、建築許可が下りてないのでね。ブツブツ。

とりあえず、駅のある所でバスを下り。
1805140152.png

元ガゲナウ市長の息子で、建築家のKarl Kohlbeckerさんが、
400年に渡る自分ちの家系とガゲナウの関係を記念し、
バーデン・バーデン生まれで現在ガッゲナウにお住いのアーチスト、
Eberhard Eckerle(いかにもこの辺りに多い苗字)さんに依頼したという、
きわめて個人的な思いのこもった彫刻。
1805140153.png

・・・と長々と説明したけど、
好きな作品かって言うと、うーん。
むしろ、隣のご婦人が気になる。

私の本日のお目当てはこちら。
Johannes Schroth設計の聖ヨゼフ教会。
私の素人見立てによれば、
これは、バーデン地方によく見られるワインブレンナー様式、
と呼ばれる教会の形に似ている。
1805140154.png

なんだか、ライトテイストな、キリスト画。
1805140155.png

教会の隣で、いじけてる人が。
1805140156.png

Murgムルク川。
1805140157.png

メイン通り。
1805140158.png

市役所。
1805140159.png

ご覧の通りの、普通の町並み。
これまで家人を誘っても「何もないから」と、
来たがらなかった理由がわかる。

市役所の入口の彫刻。
「魚心あれば水心」のような意味のタイトルが。
1805140160.png

うろうろと目抜き通りを歩いて、
人気のないカフェでちょっと休んで、バスで帰宅。
1805140161.png

うーん。この町のほかの場所には、もっと見どころあったのかも。
バスや電車で木組みの家が並ぶ村にも、すぐ行けるらしいし。
次回は、足を伸ばしてみるか。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

 

  • ぴの 
  • URL 
  • at 2014.05.18 14:55 
  • [編集]
いつも楽しく読ませてもらっています。
教会の隣の人、笑っちゃいました!Yさんのちょっとしたコメントがほんとに面白くて、和みます^_^

NoTitle 

  • Kotomi 
  • URL 
  • at 2014.05.18 23:58 
  • [編集]
400年記念の彫刻!
どんな思いを汲んで、あの作品になったのか
是非ともEckerieさんにお聞きしたい!
あのいじけた悩める人に、ちゃらいキリスト、そして将軍様?
これは大した収穫ですよ、いぷしろんさん!

いつかドイツ版のVOWみたいな本を作ってください!

ぴのさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.19 08:04 
  • [編集]
あ!お久しぶりです^^
ありがとうございます。ほんとは、もっと観光の役に立つような立派な記事を書いてみたいという野望があるのですが、町の中にはヘンな物が多くて、つい目が行っちゃうんですよね。
それで、結局書くのはユルいことばっかりになっちゃって。困りますよ、ドイツ(笑)

Kotomiさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.19 08:17 
  • [編集]
あ、そうですね。よく考えたら収穫かも。こうしてブログのネタになってますしね(笑)

本、ですか!
どこかからお話があれば、ぜひ。
「観光」したいと思って出かけても、いつも「観察」しただけで帰ってくるパターンになりつつありますが、
それでお金がいただけるような仕事、いいなあ。

Yさんへ 

  • ミッチ 
  • URL 
  • at 2014.05.20 17:18 
  • [編集]
Baden Baden, Kuppenheim, Gaggenau…そんな町の名をGoogle mapで見つけ、この近くの村にお住まいのはず、はてその名は?なんて一人で謎解きみたいなことをやって楽しんでいます。いつか休暇の途中で我々はGaggenauに一泊した、と妻がいっていました(私は覚えがないけど?)。
それにしても「ライトテイストなキリスト画」「教会の横でいじけてる人」「魚心あれば水心の彫像」等、写真につけられたタイトル!これはセンスとユーモアに溢れた人でないと出来ないこと、感服、脱帽です。

ミッチさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.05.21 07:53 
  • [編集]
ブログを楽しんでくださって、ありがとうございます!じゃあ、今度は、ちょっと謎解きを難しくするためにフェイントをかけてみるかもしれません(笑)

Gaggenauにいらしたことが!観光地ではなく、特筆すべき見所もあまり無いので、覚えてらっしゃらないのも無理ないかと思います。私も一度デュッセルドルフのメッセに行ったとき、市内では宿が取れずに近くの町に泊まったのですが、その町の名前すら思い出せません・・・。

また、奥様とこちらの黒い森地方にいらっしゃる機会がありましたら、ぜひご一報くださいませ。何にもないウチの村、ご案内します。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。