YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初対面の気がせず、飲みすぎる

日本里帰りの楽しみといえば、
多少の買い物と、日本食、
そして様々な再会。

今回はなるべく両親と一緒に過ごそうと思いつつも、
同級生ランチ会におじゃましたり、
私のために毎年集まってくれるメンズとの飲み会に出かけたり。
また、法事では従兄妹たちと話が弾み。
何だか楽しいわ、人の話を聞くのが。

ひっそり細々と続けているこのブログ。
検索でヒットして訪れてくださる方があるのは嬉しいこと。
コメントをいただけるのも、ありがたいなーと。
コメントやメッセージを通じてお知り合いになり、
実際にお目にかかる機会もあったり。
ドイツの田舎暮らしに、嬉しい出会いがいろいろと。

で。
今回は、ここ日本で、とある方とご対面。
メッセージと共に連絡先を送って下さった、
オープンでフットワークの軽い、拙ブログの読者様。

地下鉄駅で待ち合わせて、おすすめのレストランへ。
1104140512.png

おすすめのおいしい料理に、
おすすめのおいしいお酒。
1104140511.png

共通点もいろいろあり、話が弾みすぎ、
あっという間に、日付けが変わる時間に。
最終の地下鉄に慌てて乗り込むほど。
すっかり忘れてた、終電の時間のこと。

私はあまりマメな方じゃなく、
SNSはすぐ飽きるし、
年賀状やクリスマスカードも出したり出さなかったりだし、
Skypeは全然オンラインにしないし、
電話もしないし、
WhatsAppやLINEを始めろと勧められても、ちっとも登録してないし。

もちろんそんなことで絶えてしまう関係なら、
それだけのことだったんだけど。
でも、せっかく生まれた友人関係というのを、
あらためてきちんと大切に考えたことはなかったかもしれない。
こんな私と友だちでいてくれるなー、
と感謝してますよ、ほんとに。

そういう反省なども含め。

再会と、新しい出会いと。
いい日本滞在になりました。

いや、まだ、もうちょっと日本にしがみつく予定ですけど、
ヨーロッパの友だちにも会いたくなってきたなー。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • ミッチ 
  • URL 
  • at 2014.04.13 23:52 
  • [編集]
私も同じような経験があります。共通したカナダ旅行のブログで知り合って、その後お付き合いが7年続いています。その間彼女は友人共々ドイツに来て、1週間いっしょに旅行しました。我々夫婦も日本でお会いし、先方のお母さんも加え奈良、京都でのおもてなしを受けました。彼女は今月初めに結婚されましたが、お付き合いはまだまだ続くことでしょう。また、そう願っています。

ミッチさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.04.15 09:37 
  • [編集]
ブログを通じて実際にお友達になれるのは、田舎暮らしの私にとって本当に嬉しい機会です。
ミッチさんも素晴らしい出会いがおありなのですね。
私も知り合った方々とは、1度きりの出会いに終わらせず、ミッチさんのように、長くおつきあいさせていただきたいと思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。