YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの風景がある、ありがたさ

みんなが、それぞれ、
自分の思う過ごし方を。
ドイツも3月11日です。

散歩が好きです。
ドイツ人が言うところの、山道を数時間という、
ハイキングをひっくるめての散歩も好きだし、
住宅地や町を歩くのも好き。

小道とか路地とか、
歩いていると、
懐かしい雰囲気がしたり、
好きなお店が並んだ一角だったり、
何となくお気に入りの「道」というのが見つかる。

週に何度も行く、バーデン・バーデンの中心地。
ここにも、好きな道が。
Stephanienstrasse(シュテファニエン・シュトラッセ)。

特に何かがある、というわけじゃないけど、
こういう、奥行きが感じられる道というのが、好みで。
1103140045.png

壁の色づかいの微妙な淡さとか。
調和のとれた家並みとか。
好きだなあ。
1103140046.png

脇道の風景も、落ち着いている。
1103140047.png
1103140052.png

ドイツにはたくさんガス灯が残っていて、
この町も町の規模の割には、ガス灯が多い。
装飾の凝ったスタンド型もたくさんあるんだけど、
この道にあるような、素朴なものも味があっていい。
でも、そのほとんどは2015年までにLED化される見込みだそう。
1103140048.png
1103140050.png

「Mütterzentrum母親センター」が入った建物。
由緒ありそうだけど、詳細わからず。
1103140049.png

音楽家の方の仕事場かしら。
1103140051.png

税務署の看板。
1103140042.png

道が開けて、遠くの景色が目に入る。
右側の、山の上にあるのがAltes Schloss(アルテスシュロス)。
左側に見える工事中の建物がNeues Schloss(ノイエスシュロス)。
1103140054.png

この町は、競馬場同士の業務提携が縁で、
福島市と交流都市関係にあります。

こうして、いつもの風景がのんびり見られることって、
こうして、いつもと同じように穏やかな一日があるって、
幸せな、恵まれたことだなと、
よく思うようになりました。




関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。