YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもでもできるリリアン編みで、ネックウォーマー

日本は雪害が大変なようですが、
こちらは、もう春かも、といった陽気で。

つい習慣で、帽子とマフラーを身に着けて外出すると、
暖かいを通りすぎて暑いほど。

うーん。
こりゃ、ちょっと急いで仕上げた方がいいかもと、
編みかけていたネックウォーマーの完成を目指す。

こちらでよく見かけるのは、
帽子と、マフラーやショールの色を揃える着こなし。
それに慣れると、出かける時に非常に楽(笑)。

で、赤い帽子は持ってるんだけど、
それに合う赤い「巻き物」が欲しいなーと。
前にも編んだけど、ありあわせの毛糸を使ったから、
あんまりボリュームがなくて。

子どもでもできる、
いや、もしかしたら猿でもできるかもしれない、
空き箱を使ったリリアン編み。
単調な編み方なので、
いかにも子どもの作品みたいにならぬよう、
素材に気をつかってみる。
knall rot(真っ赤)で、そこそこ質のいい太めの毛糸と
変化をつけるために、ループの入った糸を使用。
1102142332.png

気に入ったマフラーもなかなか見つからなかったけど、
毛糸を探すのにも、ずいぶんお店を回って。

こんな感じで、ずーっと同じような調子で編んでいく。
編み目を数えるとか、全く必要ない。
糸の種類を変えたい時は、切って結ぶだけだし。
1802140131.png

完成。
1802140133.png

せっかくできあがったので、
多少暑くても、使うぞ(笑)。
1802140132.png

毛糸を買ったのは、ベルギー。
この赤い糸はいつも寄る店で見つけたのだけど、
Bergere de Franceという、
ちょっとコワそうなおばちゃんが一人で店番をしている店にも、
初めて入ってみた。
で、気に入った毛糸を一玉買ったら、
店名と同じフランスの毛糸メーカーのカタログをくれた。
コワそうだなんて思って申し訳ない。
1802140135.png
1802140134.png

でも、実のところカタログをもらっても。
私、普通の編み物できないので、
セーターとかカーディガンとか、ハードル高すぎ。
見てる分には楽しいけれど。
もうちょっと大きい箱を使えば、リリアン編みでスカートはできるかも。
ああ、でも・・・そういうことは、夏の終わり頃に思いついておくべきだな。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2014.02.18 18:40 
  • [編集]
何かのはずみでリリアンの話になり、うちの相方が非常に興味を持ち、確かこちらで空き箱での作り方を書かれてたなと探していたところ、
!!ほらっ、子供でも出来るって!あっ、猿でも出来るって書いてあるよ!!
先ほど、盛り上がりました^^
まずは、箱作りからやってみます。分からなくなったら、また来ます。その時はどーぞ宜しく!

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2014.02.19 08:45 
  • [編集]
おおーっ、akaさんとこだと、何だか立派な箱ができそうな予感。
どんな作品ができるのでしょうか。興味津々。

うち、実はStricklieselとかStrickmuehleとかStrickringとか、
リリアン編み機が各種ございまして。。。
かぎ針も棒針も使えないので、そのエネルギーを全てリリアンに注いでおります(笑)
でも楽しいのは、自作編み機ですね。
何でも聞いてください!!(大きく出てみた)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。