YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日に、3つも買ったもの

散財でしたが、仕方がない。
大人になってしまったので、欲しい物がいくつかある時、
迷わず全部買うことができる。
たぶん、そんな大人じゃダメなんじゃないか、とも思うけど、
・・・要は、ダメ大人ってことで。

先日、誘惑の多い町を歩いておりまして。
しかも、誘惑のより多そうな所へ足を踏み入れたりなんかして。
世の中には色々な誘惑がありますが、
店の中から「買ってってー」と幻聴が聞こえたり、手招きの幻が見えたり。

ほんとは、家人用に1つ探していたのでしたが。
カシミア100%じゃなきゃ嫌だとか、
色は濃い目のグレーがいいとか、
注文通りの物がなかなか見つからず。

結局、自分用に、帽子を3つも買ってしまい。
その日、すでに帽子をかぶって出歩いていたので、
一度に帽子を4つ持って歩く女、だったわけで。

2つは、普段に使えるフツウの帽子。
試着に試着を重ねて、気に入ったのを見つけ。

もう一つは、こんなのを。

チロリアンハット。
ドイツ語ではTirolerhut(ティロラーフート)。
新品ではなく、セカンドハンド。ヴィンテージと言ってもいいかも。
グリーンで、飾りリボンと羽根がついている正統派。
1911130100.png

チロリアンハットにはつきもののバッジもたくさん。
これだけでも価値がある。
あちこちの旅行先で買い集めたのであろう、
1950年から60年代のものと思われるご当地ピンズ。
1911130101.png

黒い森にある、巨大かっこう時計で有名なTriberg。
1911130102.png

世界3大がっかり名所のひとつとも言われる、ローレライ。
1911130103.png

これはどこかなー、と地図を見たらOsnabrueck(オスナブリュック)の近くだった。
1911130104.png

などなど。

自分でこういうバッジを買う趣味はないけれど、
こうして見ると、なかなか面白い。
年季の入り具合も、ちょうどいい感じ。
11ユーロ。衝動買いでした。

にわかにチロリアンハット愛好者になり、少し調べてみる。
ドイツでは、1962年にトリニダード出身の歌手、Billy Moが、
Ich kauf’ mir lieber einen Tirolerhut(チロリアンハットを買いたいな)という歌をヒットさせ。
この人の動画は色々あるけど、私が買ったような帽子をかぶっているのが、これ。


で、この歌をモチーフに、1965年に同名の映画が公開。
帽子製造会社社長が、チロリアンハットを何とか流行させようという、
ざっくりとそんなストーリーで、帽子好きには堪らない映画。
合間に歌あり踊りあり、ラブありコメディあり若干のサスペンスあり。
Billy Mo本人も出てきて歌う。
ここで、作品視聴可能。約1時間半。

40分位、頑張って見てみた。ふー。

というように、チロリアンハットというのは、この時代注目されていたのかも。
で、こうやってお土産ピンをじゃらじゃらとつけて旅をするのが一時期流行ったのか。

私がこういう非実用的な物を買うのを好まない家人が、
「これは面白いですよー」と珍しくポジティブな反応。
「カーニバルのためですか?オクトーバーフェスト?」と訊いてくる。
はははー、そうなのよー、と返事をしつつ。
いや、実は、その、
いつの日かアコーディオン路上ライブ用にと思って、というのはまだ秘密。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • デュッセルドッグ 
  • URL 
  • at 2013.11.19 14:02 
  • [編集]
こんにちは。最近いぷしろんサンのブログにハマりました。毎日、楽しく拝見しております☆

これは可愛い!!元、古着屋さんの目からみたら、日本では1マン円以上の価値があるような??掘り出し物なのは間違い無いですね。

ドイツのヴィンテージでは「レーダーホーゼン(革の肩紐付きハーフパンツ)」が気になってしょうがないです。おじさんが、すね毛出して履くのはどうかと思いますが、女の子が履くときっと可愛くなるような気がします。路上ライブにどうかとも思いますが、全身民族衣装になってしまいますね、、、

デュッセルドッグさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.11.20 09:21 
  • [編集]
この帽子、1万円ぐらいしそうですか!?・・・売りに出しちゃおうかしら(笑)
いえいえ、すでに愛着を感じてますので、大事にしようと思います^^

レーダーホーゼンもいいですね~。
日本人女性がドイツの民族衣装、それも男性のを着るのはインパクトありますね。
私がデビューをもくろんでいる町はロシア人が多いので、ロシア民謡を演奏しようと思っているのです。
そうなるともう何が何やらですが、逆に人目を引く、いい戦略かも知れません。
素晴らしいヒントをありがとうございました。ふふふ、楽しみです。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。