YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人、小屋を破壊

休暇をとって、ブドウの収穫やら家の改築やらに時間を費やす家人。
毎朝、作業着に着替えて現場へ。
昼食のリクエストを言い残し。

「今日はサーモンとヌードルにしましょうか。おいしそーう。行ってきまーす」

どれどれ。
じゃ、冷凍庫からサーモン出しとくか。
・・・ん?誰か来た?

ドアが開き、えらい勢いで家人が戻ってき。
「大変です。忘れました。
今日は会社のトレーニングがありますよ。シュトゥットガルト行かなきゃ」
えー、何にも聞いてないよ。何時から?
「9時かなー」
あら。今、もう9時ですね。車で1時間半かかるよね。
慌てて着替え、PCで場所を確認し、ものすごい勢いで再び出かける家人。

びっくりするくらい、こうやって「何かが抜けてる」事態がたまに。
そんなんで会社の仕事ちゃんとできてるの?と聞いたことがある。
「母も同じ質問しますよー」と、全く問題にしない様子。

そんな「でっかい3歳児」な家人、
ガレージ増築計画があわや頓挫?な風向きで、ちょっと落胆中。
が、そんな気分を払拭するべく、先日、農機具小屋の取り壊しを決行。

まずは、瓦をはがし。
2310132258.png

牽引車にはがした瓦を積み、最寄りの集積場へ。
2310132300.png

戻ってきて、瓦をのせていた屋根の木枠をめりめりっとはがし。
2310132259.png
2310132301.png

私の仕事は、家人が上から落とす木材やら金属やらを拾い集めて仕分け。
細かい木切れは義母が薪ストーブに使うので、箱に入れ、
でかい木の板は近所に引き取ってくれるところがあるので、牽引車に積み込み。

1日かかって、とりあえず、ここまで。

こうやって、ほとんど木でできてると、壊すのも楽だし、
木材を再利用できる点もいい。

力任せにどかどか壊して体力を使い、
結果が目に見える仕事ができ、家人大満足。
ストレス解消にもなったようで。
頭使う仕事より、こっちのほうが合ってるよと言うと、
キッと私を見て「違います!」ときっぱり。
・・・どーだか。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.10.27 22:15 
  • [編集]
3匹の子豚、という話ありましたよね。最近になって思うに、
自然に帰るという点ではダメな2匹の子豚のほうが
ある意味正解だったのではないか、と。
煉瓦で作っちゃった子豚、今や保険関係とか相続問題とか
隣人関係で頭を悩ませているかもしれない。

それにしても綺麗な木の骨組み写真ですねー。廃材でアスレチックとか作りたくなりました。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.10.28 08:53 
  • [編集]
ポンポンポンッ! (←膝を叩いている音)
うちのドイツ人、まさに3人兄弟で、それぞれ自分のうち、自分で建ててるんですよ(笑)。
3匹のこぶたの話を聞かせたことがあるのですが、知らないらしく。
あれは、どこの国の話でしたっけね。

それはそうと、煉瓦で造った子豚の行く末、面白いです!
そんなことがあるかもですね~
たまにうちで話すのですが、僅かな貯金を死ぬまでにちょうど使い切りたいね、と。
ちなみに、今改築中の家は、誰に遺すかもう決めてたり。
揉めないといいけれど。。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。