YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの間で食い違う、満月の思い出

見事なくらいぐずついた天気が続いていて、
月どころか太陽を見るのも叶わないドイツ、というか、うちの村。

といっても、もともと月を見て風流がる習慣などない、この国。
どちらかというと、満月の日は、
「眠れない」とか「調子悪い」とかの不定愁訴を引き起こす日で。
迷信ではあるけど、事故が多い、出産や手術が難航するなどとも言われ。

家人と私が、まだ日本にいて、お互いに名字で呼びあっていた頃。
業務上の雑談で、お月見の習慣について話していたときだったか、
「お月見の時以外でも、満月を見ると有難いような気持ちになる。
月は一つだから、世界中で私の友達や知り合いが、この月を見るのだなあと、
色々な人のことを思い出す」
というようなことを語ったことが。

家人の反応は、
「一つの月を見てるといっても、それぞれみんな、違うこと考えてますよ!」

・・・んなこたあ、わかっとる。
そういう現実が重要なのではないのだよ。
しかし、このヒトにはこういう気持ちの機微というか、そういうのが通じないのだなと。
話はそこで終了。

ところが。

長い時を経て、いつの間にか、家人の中で記憶のすり替えが行われ。
しかも、何だか妙な方向へと。
最近になって、
「昔、満月を見たら、私のことを思い出してくださいね、と言いましたね」
などと言いだし。

私、100%、そんなロマンチックなこと言う人じゃないんです。
満月の話はしたけど、あんたそれに答えて、ひどく私をがっかりさせること言ったよ、
とかつての家人の発言を再現すると、

「ぶはは!そんなこと言いましたかなー」
とまるでご記憶にない様子。

しかし、私の言い分など意に介さない家人。
満月を見ると「今日は満月ですね(はぁと)」と、
我々の縁結びアイテムみたいに言ってきて、なかなか面倒くさい。
全く事実じゃないから!

そんなお月見の日に、中国出張から家人、ぶじ帰宅。
中国では中秋の名月の日は祝日で、大体的に祝うらしい。
色んな人に月餅を配るのが習慣とかで、家人も会社からもらってきた。
直径30センチはある、でっかい缶入り。
DSC04503.jpg

5種類入っていて、その中でも、最も読んでわかりやすい「低糖粒粒紅豆」を早速。
DSC04505.jpg DSC04510_20130920075400cdf.jpg

日本人がドイツで中国式にお月見を。
しかも、月なぞどこにも出てなかったり・・・。
これじゃ、お月見にも何にもなってないけど、
日本ではどうだったのかな。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • はいでぃ 
  • URL 
  • at 2013.09.20 14:14 
  • [編集]
記憶のすり替え、ありますね~。
片方が妙にきっちり覚えていて、もう片方はさっぱり思い出せない。
きっと旦那様の中でイプシロンさんはロマンチックな乙女なんですよ。

「低糖粒粒紅豆」ってこの響きがとっても気に入りました。
日本では素晴らしい完璧な満月が見えたそうで、お知り合いがブログにアップしてくれた写真で月見をしました。
中秋の名月の日と言っても、いつも完璧な満月の日では無いそうで、次回このような月が見えるのはかなり先になるらしいですよ。

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.09.20 19:28 
  • [編集]
うちでは満月の日はいのしし猟に出たり、
満月の夜はQuappeという夜行性の魚が釣れないとか
ロマンチックとはかけ離れた連想が執り行われています(笑)。
七夕もミルヒシュトラッセ、乳の道ですかー!?
教育が大変ですが、いぷしろんさんの旦那様は多少の誤解あれど(!)、
ご理解されたのだと思われます。

はいでぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.09.21 07:33 
  • [編集]
ロマンチックな乙女ー!
うーん、そう思ってたとしたら、今は「こんな筈では・・・」と落胆しているかもしれません。
家人が気の毒になってきました(笑)

「低糖粒粒紅豆」はほんとに低糖で、ばら売りしてたらこれだけ買いたいほどおいしかったです^^

日本では完璧な満月が。。。そして、そんな貴重な日だったんですね。
ドイツの天気が恨めしいです。見たかったなあ。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.09.21 07:49 
  • [編集]
あはは。それはまた、akaさんちならではの満月の掟ですねー(笑)
七夕はなんていうんでしょうね。
あ、七夕の織姫彦星の伝説、まだ家人に話したことはないですけど、
話しても、たぶん「星は星です。人ではありません」とか現実的なことを言いそうです。

理解してるでしょうか。脳みそが小豆大だからなぁ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。