YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人が知りたい、こんな日本語

これまでに日本語など全く習ったことも無く、日本との接点も無く、
そういうドイツの人たちが、私という日本人に会って、
好奇心いっぱいに尋ねてくること。

気候や自然、食生活などについての質問もあれば、
日本人の習慣についてとか、
会話のとっかかりとして、とにかく色々なことを訊かれるわけですが。

これって、日本語で何て言うの?という質問も結構ある。

まあ、挨拶表現だったり、野菜や果物の名前だったりという、
割とありきたりな質問は山ほどあって忘れてしまったけれど、
家人のおじさんの一人は、パーティの席で私にこう訊いてきた。

「おれは今から日本語覚えるぞ。そうだな、Banause(バナウゼ)って、日本語でどういうんだ?」

周りでは、あんた何て質問してんだい、という笑いが起き。
そばにいた家人も笑いながら「これは、難しいですよー」と。
その場では答えられず、うちに戻ってから調べたところ、
「((軽蔑的に))(芸術を解さない)俗物」だと。by独和大辞典
ぶふっ。よくもこんな単語の意味を聞いてみようなんて思いつくものだ。

先日誕生日を迎え、オーストリアの山の頂上でパーティを開いた友人。
彼の子供じみた質問との対比のために敢えて記すと、彼は、とある企業の取締役で。
数年前、その彼と家人と3人で居酒屋に行き、
私が家人に「ちょっとトイレ行ってくる」と言って席を立ち、戻ってくると。

「さっき日本語でbrunzenって言ったの?日本語で何て言うの?」と。

しょうがないなーと思いつつ「オシッコ、スル」という日本語を教えると、非常に気に入った様子で。
それ以来、会うたびに「brunzenって何だっけ」と聞かれ。
もちろん先日のパーティでも聞きに来たので教えてさしあげると、
「エイドリアーン!」みたいな感じに、大声で何度も「オシッコスルー!」と叫び。
・・・すみません。こんな品のない話。

オーストリアの誕生会から、南ドイツ周遊をし、
少し北上してニュルンベルクで、欧州調査旅行中のドルジ(仮名、日本人で女性)と合流。
1泊して3人でまたミュンヘンへと引き返し、
町の中心Viktualienmarktのビアガーデンで朝から飲んでいた時のこと。

相席になった人とは必ず会話を交わして盛り上がる、ここドイツ。
初めにお隣にいたご夫婦には、Zum Wohl(ツムヴォール)は日本語でどう言うのかと。
そうそう、これは、かなりの頻度で聞かれる質問。
「カンパイ」というのですよ、とお教えし、みんなでジョッキを合わせて乾杯を。

1009132300.png

ご夫婦が帰った後にやってきたのは、
毎日ここにやってきては飲んでいるというオジイチャン2人。
名前は確か、ギュンターとヘンリー。
ギュンターがドルジのことをたいそう気に入り、大いに盛り上がっている間、
私と家人はヘンリーと話していたのだけど。

「こうやって話ができて、今日はいい日だ。イタリアの映画、観た?“Das Leben ist schoen“」
ヘンリーが言い出し、観ていない家人にストーリーの説明をし出す。
「あの子供が、かわいくてね」と言いながら、急に目頭を押さえ。

・・・ヘンリー、泣きだす。

「いやいや、すまない。でも、あの子供が・・・」と、また泣く。
もう酔っちゃった?ビール、まだ2口ぐらいしか飲んでないけど。
するとおもむろに。

「タイトルのDas Leben ist schoen、日本語で何て言うんだ」

日本語タイトルは『ライフ イズ ビューティフル』。
これ、そのまま「人生は美しい」と訳すとちょっと硬いかなー、と迷って、
「人生は上々だ」という表現を伝える。
両手をあげ、何度も「人生は上々だ!」と大声で繰り返すヘンリー。
忘れないよう、ドルジと私とでコースターにDschinsei wa dschio dschio da !と、
ドイツ語風ローマ字表記で書いて進呈。
ヘンリー、ちゃんと家に持って帰ったかなあ。まあ、酔って忘れてっちゃっただろうな。

と、こんな感じで、ドイツ各地で草の根日本語普及が行われているのではないかと。
勉強したわけじゃないのに、「どこで覚えた?そんな日本語」みたいなフレーズを、
いろんなドイツ人が操るのを想像するのは楽しい。

あ、でも、ヘンリーに教えたやつ、やっぱり「人生は美しい」の方がよかったかなあ。
Viktualienmarktで「人生は上々だ!」と叫ぶオジイチャンに会ったら、
どなたか訂正しておいてくださいませ。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • はいでぃ 
  • URL 
  • at 2013.09.13 21:10 
  • [編集]
オシッコスルー!と叫ぶドイツ人、なんだか可愛いいじゃあないですか。

それに人生は美しいより、上々だの方が好みです。
ビール二口で泣き出すヘンリーおじいちゃんも可愛いですね。
感情が豊かなんだろうなぁ。

私はまだ乾杯くらいしか聞かれた事ないけど、もし機会があったら「草の根日本語普及活動」に励みたいと思います。
私が教えるとしたら、やっぱり「儲かりまっか?」「ぼちぼちでんな~。」かな(笑)

はいでぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.09.14 08:23 
  • [編集]
「上々だ」でも大丈夫ですかねー。よかった!
ヘンリーじいちゃんのキャラに合ってるような気がしたんです。

Wie gehen die Geschäfte? -Soso.
↑これですね(笑)・・・といってもドイツ語があってる自信ないですが。
ぜひ、儲かりまっか、を普及させてください~。

そういえば以前タンデムパートナーが、ちょっとキツイ冗談を言った後にNur Spassとよく言っていたので、
そう言う時は昭和っぽく「なんちゃって」と言ってよーと教えたことが。
そしたら傍にいた日本人男子留学生に「わ、古っ!」と真顔で言われてムッとしたのを、
思い出しました。。。くやしー(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。