YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルクで、超有名なものといえば

ザルツブルクというのは、ドイツ国境近くにあるオーストリアで4番目に大きい街。
音楽祭が開かれたりすることでも知られており。
で、この方が生まれた街でもあり。

生家はこんな感じで、大々的に「生家」だと謳われ。
まさか生まれた時から、こんな風ではなかったと思うけど。
・・・当然か。
0709130047.png

この方の生家であることとは関係あるのかないのか、
1階のSPARは買い物客で賑わい。
0709130048.png

他にも、こんなものが有名だったり。
0709130122.png

1965年に公開されたミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』。
舞台となったのは、このザルツブルクらしい。

何と、今回私たちが泊まったホテル、階段の壁に、
こんな風に、映画の場面のパネルが飾られ。
0709130044.png
0709130043.png

部屋に入ると、ベッド脇に等身大以上のジュリー・アンドリュースが。
いや、なかなかの迫力。
0709130045.png
こんなにでかくする必要あるだろうか、という気もしつつ。

別の壁面には、映画の挿入歌で『エーデルワイス』の歌詞。
0709130046.png

こんな風に、特定のテーマが強調された部屋って珍しく。
なんだか日本の、とある目的のために利用されるホテルを、軽く彷彿とさせるというか。

さらに、驚いたのは、この映画のことを、これっぽっちも家人が知らなかったこと。
タイトルを聞いたこともない、と。

日本語の歌詞は知らなくても、メロディくらいは聞いたことがあるんじゃなかろうかと、
「ドーは、ドーナツーのドー」と歌ってみても無反応。
壁の歌詞を頼りに「エーデルワーイス、エーデルワーイス」とワンコーラス聞かせても、
「全然、知りません」と首を振る。

前にも書いたかもしれないけど、家人が最後に映画館で観た映画は、
『ポリスアカデミー2』。
いや、でも、そんな人でも、知識としてこの映画のこと知ってていいと思うけど。

それでも、私が知っている限りの、この映画のストーリーなど説明してみる。
マリアがね、子供たちの教育係でね、そのお父さんと結婚してね、
ドイツ軍が来てね、家族が逃げてね、とか何とか。

次の日、音声ガイド付きの観光バスに乗って、街巡りをしていたときも。

「いつも『サウンド・オブ・ミュージック』について話しています。
これは何ですか

と大真面目に尋ねてきたし。

部屋で私が説明したことなど、猫の脳みそ大の(猫、ごめん、こんな例え)家人の脳では、
情報処理しきれなかったとみえ。

この映画って、テレビで何度も放映されるとか、
主題歌や挿入歌を聴く機会があるとか、
ストーリーなど知らなくても、なにかちょっとは「あー、あれね」と思い至る要素がある、
そんな作品だと思っていたけど。

ま、別に知っていなきゃいけないことでもないけどね。
知ってたからってどうってこともないけどね。
たまに、こうやって、「ええっ!?」ということがあると、
私と家人が歩んできた道、なんていうのを、ちらっと考えてしまったりするのでした。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • はいでぃ 
  • URL 
  • at 2013.09.07 14:41 
  • [編集]
最後に見た映画がポリスアカデミー2って、すごいですね。
そう言えばドイツ語学校で、私が「サウンド・オブ・ミュージックのDVDを見た。」と言ったらドイツ人の若い先生2人とも「何それ?」という反応でしたよ。
あれって全世界的に有名なのかと思ったらそうでもないみたいですね。
しかし、ここまでサウンド・オブ・ミュージック押しの部屋は落ち着きませんよね・・・。
でもああいう景色が好きなので一度は行ってみたいです。

はいでぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.09.08 09:16 
  • [編集]
ドイツでは知られてないんでしょうか、この映画。
ドイツ軍も出てくるので、ドイツではあまり歓迎されてないのかも。。。
wikiのページに、1966年のドイツの映画評がちょっと載っていて、
「友好的で陽気な映画だが、時に音楽が多すぎる」と。
いや、だってミュージカルだし!
でも、こういう明るさが国民の好みに合わなかったんでしょうか。

ザルツブルク、食べ物にも恵まれたおかげで、好印象です^^
行かれるなら、ホテルのお兄さんのおすすめレストランお教えしますよ~

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。