YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの家の、ブラシあれこれ

うちに限らず、村の義母宅や親戚宅も同じような品揃えなので、
こういうものだと思っているけど、
家のあちこちにさまざまなブラシ類が置いてある。
ブラシ使用頻度は日本のお宅よりも高いのでは。

ドイツ語ではBürste(ビュルステ的な発音)。

村にはブラシ屋さんなどないので、
これらのブラシ類を、どう調達するかというと、
いろんなMarkt(マルクト、マーケット)に出る屋台で見つけて買うことが多く。

うちの村の場合は、
6月に開かれるワイン祭りか、
11月末の、Jahrmarktと呼ばれる、年に一度開かれる大きな縁日、
年に2回、ブラシ屋さんがやってきて店を出すので、この時を狙って。

近隣の村や町にも、
Kunst und Handwerkermarktという名前がついてたりする、アート&手工芸品のマーケットなど、
やはり大き目のお祭りの時には、必ずブラシ屋さんが。
もちろん、クリスマスマーケットにも。

というわけで、主にマルクトで買った、うちのブラシ類。
一度買うと、一生ものというぐらい長持ちする。

バルコニーに置いてあるブラシ。
家人お気に入りのGrillbürste。
バーベキューのグリルを掃除する、ブラシ部が金属のもの。
そして、Spülbürsteと呼ばれる、洗浄ブラシ。
鍋とか洗う用途にも。
2108130128.png

庭で使った道具を洗ったり、靴の泥を落としたりするReinigungsbürste汎用掃除ブラシ。
柄の無いデッキブラシって感じですかね。
右に写っている恐竜の足のようなものは、家人の作業用手袋。ご心配なきよう。
2108130129.png

キッチンには、これ。
Flaschenbürsteとも言う、広口瓶やカラフェの底を洗うための大き目のブラシ。
中サイズのは、もともとティーポットの注ぎ口部分の掃除用に使っていたけど、
シンクの水はけが悪くなった時に、排水溝掃除に使って以来、ポジション変更。
代わりに、さらに小さいサイズのを買って、そちらをポット用に。
2008131544.png

浴室にあるのは。
HaarbürsteヘアブラシとRückenbürsteボディブラシ。
2008131547.png
2008131548.png

このヘアブラシ、珍しく社名が入っていて。
黒い森の小さな村にあるメーカーのよう。
2008131549.png

居間と寝室になぜか3つもあり、
しかもほとんど使ったことがないKleiderbürste洋服ブラシ。
2008131546.png

靴みがき用にももちろん。
Schmutzbürste汚れ落とし用、Auftragbürsteクリーム塗布用、Glanzbürste艶出し用、各種。
2008131550.png

柄のついたようなのはブラシじゃなくて、別の単語。
Besenベーゼン、「ほうき類」に分けられる。

水を使ってごしごし掃除するためのデッキブラシと、
掃き掃除用の柔らかい毛のブラシ。
デッキブラシはこのまま使うこともあるし、
濡らした布をブラシの下に当てがって拭き掃除することも。
2008131545.png

これも、このようなセットで、どのお宅にもきっと。
Kehrsetなんて名前で売ってたり。
Kehrは「後片付け」の意。
ちなみに、チリトリはドイツ語でKehrschaufel 、後片付け用スコップ。
2008131543.png

とまあ、ブラシに囲まれたドイツ生活。
本体が木で、ブラシ部分は動物の毛(あるいはワイヤー)、というのがスタンダードかと。
例外は歯ブラシとトイレ掃除用ブラシで、
うちではブラシ部分がプラスティック製のを便利に使っております。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。