YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントカードが、使いこなせない

2年前、うちから250キロほど離れた小さな町に住む友達の家に遊びに行き、
これは便利だから作れ、と勧められるがままに、
その小さな町の小さなドラッグストアで、Payback Cardに申し込み。
0308130002.png

提携している店やオンラインショップで買い物をすると、ポイントが貯まり、
金券や商品と交換できる、という日本でもよくあるポイントサービス。

Wikiによると、
このカード、GfK(ドイツの市場調査会社)の2011年度の調査で、
ドイツ家庭の59%が所有しているとある。

そんなポピュラーなものとはつゆ知らず、
消極的な成り行きで作ったので、
何か思い入れが少ないのか、
全然使いこなせていない。

このカード、ドイツのアマゾンでも使えるのだけど、
買い物中に「戻るボタン」を押したら無効なのに、
買い物に夢中になっているうちに「戻るボタン」を操作し、
何度うっかりポイントを逃したことか。

初めにPayback Cardのサイトにログインして、
リンクから買い物をしたいオンラインショップに行く、というのが手順。
それも、忘れる。
オンラインで欲しい物をクリックしたあとで、
「あ、これPayback Card使えるんだった~!」と気づくこと多し。

店で買い物をした時に、レジで提示するのを忘れたり。

このカード、飛行機のマイレージのように、後日加算ができないらしく。
すべては後の祭り。
まあ、そういうことにならないように、オンラインでの買い物で、
カード利用を忘れていたら警告してくれるアラーム機能もあるみたい。
でも「そこまで、頻繁に買い物しないしなー」と思いもあって、登録しておらず。

カードを使わなかったからといって、損をすることはないけれど、
貯まるはずのポイントが得られないのは、なんだか悔しい。
操作ミスとか提示忘れとかがあるたびに、
自分の「マヌケさ」に腹も立つ。
Payback Cardがもともとなければ、
こんなにガッカリしたり、頭に来たりすることもないものを。

さらには。
貯まったポイントと引き換えることのできる景品が、
なんだか要らない物ばかり(笑)。

金券に換えたり、ドイツの航空会社のマイレージに換算という手もあるらしいので、
それはまあ、そうすればいいか。

自分に慎重さが欠けてるが故のミス、ということはよーく自覚しており。
もう少し賢く買い物したほうがいいかもなーとも思っており。

義母は、村のスーパーで使える、ドイツの別のポイントカード、Deutschland Cardを持っている。
ポイントを溜めるのが好きな彼女には、
こっちのカードを勧められたこともあるけど、
いや、また同じことになりそうな気もするし。
でも、こっちなら、日々のスーパーの買い物だけでも確かにこつこつ貯まるし。

うーん。
こんなに悩まなきゃならんことか?(笑)




にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。