YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルシー、ジェーン・バーキン&メンバーズ

今回のジェーン・バーキンのツアーにはドイツ4か所も含まれており。
2か所目にあたる、カールスルーエでのライブに出かけた。
2507132332.png

7時過ぎに家人の友達の奥さんSと待ち合わせ。
入場し、中庭のベンチでビールとソーセージ。
みんな、外でのんびり。
2507132333.png

彼女は、ジェーン・バーキンのコンサート、ほんとうに楽しみにしていたようで、
かなり予習をしてきており。
父親が異なる、バーキンの3人の娘のこととか、
どんな曲が気に入ってるかとか、
さらには、最近見たコンサート、これからの予定など、ずーっと喋りっぱなし。
私も、「あー、それ日本で観た」とか「うわー、それ観たいー」とか、
盛り上がって、ビールのお代わりをし、危うく酒盛りになるところでしたが。

夜8時半、開演。

彼女は、メンズ仕立ての黒いジャケットとパンツ。
出てくるなり、上着をするっと脱ぎ捨てて、
ボタンを3つ外した白いシャツ姿に。
2507132334.png

ドイツのライブは写真撮影を禁止されたりしない。
暗いから私のおんぼろカメラでは限界があるけど、思い出に1枚。

流行り風の表現をすれば、「奇跡の66歳」。
あんな66歳になりたい、と思うけど、
若い時からして全然似ても似つかないから、まあ、無理だ。

私の隣のSは、いちいち私の耳元で、
Toll!すごーい!とかSehr Schoen!たまらなく素敵ー!とか、大感動。
もちろん、私も、釘付け。

4人の日本人サポートメンバーの方々の演奏にも酔いました。
海外でプロの日本の方の演奏を聴くのは、何かスペシャルな感動がある。
Sも「信じられない・・・素晴らしい・・・」と言葉を失う。

曲の合間には、たまにフランス語で、たまに英語で、
セルジュへの思いとか、日本のこととか。
このあたりの説明は、理解できたりできなかったりだったけど。

本日いわゆる真夏日、猛暑というやつ。
会場は、当然(うん、当然なのだドイツでは)冷房なし。
舞台の上の5人は文字通りの熱演。
なんかもう、ありがとうございます、と拝みたい気持ちに。

終演後、CD販売を見に行ったSが、日本語らしきものが書いてあるTシャツがあった、
と言うので、のぞきにいき、そのまま購入。
セルジュの歌詞の一部がフランス語と日本語で。
2607130004.png
2607130005.png

会場の外に出ても、Sは、ほんとにいいコンサートだった、としみじみ。
そして、
「昨日、母が亡くなったんだけどね」と。

突然言われて、何も答えられない私に、
「前からかなり具合悪くて、お別れはしてあったし、
今日は、夫も子供たちも、親戚の人たちもコンサートに行って来いって言ってくれたのよ。
ママも、きっと行きなさいって言ったと思うし」と。

さらに
「バーキンがセルジュの死について話した後で、彼の歌を力強く、歌ってたでしょ。
で、歌い終わった後で、空に向かってキスを投げてて、私もそんな風に、死を受け止めようと思って」
と話を続ける。

・・・私はとにかくショックで、何だかもう話すことができなくなっちゃったのだけど、
でもSは、
「バーキンの笑顔、素敵ねー!あんなに少女みたいに笑えるなんて。
あの笑顔見たら、思わずこっちも笑っちゃうもの」と私に笑顔を見せ。

私への気遣いは多分にあっただろうと察する。
でも、Sにとって、歌がレクイエムであり、コンサートが「喪の仕事」の一部として、
心に本当に響いたのだろうな、とも思う。

私にも、ジェーン・バーキンを間近で観て、日本への思いに触れ、
特別な経験になったし、
なんというか、忘れられないコンサートになった。
100%の歌と演奏を、ありがとう。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

初めまして 

  • ヘルブラウ 
  • URL 
  • at 2013.07.27 16:04 
  • [編集]
いいコンサートにいかれましたねぇ〜、
ジェーン・パーキンは今でも格好いいですよねっ、
SさんもYさんが一緒できっと慰められたとおもいます。

ジェーン・パーキンと友人の不幸のことでかぶり、挨拶もなしのコメントで失礼しました。



ヘルブラウさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.07.28 07:38 
  • [編集]
初めまして。コメント、どうもありがとうございます!

ヘルブラウさんのお友達にもご不幸が・・・。
こういうときに私はいつもどんな言葉を掛ければいいのかわからず、
結局何も言えなかったりするのですが、
今回はバーキンの歌が友人を力づけてくれた、そんな感じでしょうか。

バーキン、ほんとかっこよくて、存在感があって、ますます好きになりました。

また、お立ち寄りください^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。