YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンニャクを手に入れて、五目豆

ちょっと前にベルギーに行った時、エスニック風味のスーパーで、
こんな「コンニャク」を見つけて購入。
色の濃淡のある2種類のコンニャクが、セットになっている。
1607131523.png

タイ文字の中に、カタカナ表記の「モキフーズ」。
1607131524.png

コンニャクって、中国語で「魔芋」!
まあ、ドイツ語もコンニャク芋のことはTeufelzunge(トイフェルツンゲ、悪魔の舌)というけど。
1607131526.png

で、「こんにゃくシェフ」だって。
かわいいんだか、かわいくないんだか。
1607131525.png

実は、このコンニャク、ちゃんとドイツのamazonでも買える。
でも、ひとつ2.99ユーロ。
送料が4.49ユーロ。
しめて約970円。

もちろん、日本食材を扱っているオンラインショップなどでは、
インチキくさいのではなく、普通のコンニャクも買えるけれど。
いずれにしても贅沢品なんです、ドイツでは。

この「高級コンニャク」を使って、五目豆を作ってみた。

大豆は自家製。
うちの庭で採れた豆を乾燥させたもの。
1607131522.png

先日、これまたベルギーで調達してきた昆布とアラメ。
うちの田舎では売ってないのでね。
この、アラメというのをヒジキの代わりに使ってみる。
1807131722.png

我が家のひょろひょろニンジンも加えて。

レシピは、『きょうの料理』のサイトからのアレンジで。
1807131723.png

素晴らしきかな、日本の煮豆!
食べすぎて困るよー。

ちなみに、モキフーズのコンニャク、色の薄い方を使ったのですが、
ポジティブに表現すると、柔らかい寒天のような優しい味と食感で、
ちょっとデザート感覚な五目豆に。
みつ豆とか、これで作っても大丈夫かも。

でも・・・たぶんもう、買いません。




にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • penedescat 
  • URL 
  • at 2013.07.20 16:43 
  • [編集]
しかしこんにゃくって何であんな高いんでしょうね。
あれこそ手作りしてみたいけれど、出来上がるまでの手間が半端ない感じ。
このコンニャクキャラは、はんぺんキャラとしてもいけそうです。
まだタイがキャラ文化に染まりきってないのが垣間見えます。

弾力性のないコンニャクって感じだったのかな。
うーん、残念。昔あったナタデココよりも弱い食感ですか?

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.07.21 07:48 
  • [編集]
えーっ、こんにゃくを手作り!?
と思ってちょっと調べてみたら、なんと、(財)日本こんにゃく協会さんで、精粉が買えます!
50g(450円、送料別)で市販サイズの板こんにゃくが約6丁分できるんだとか。
しかも「ご家庭で簡単にできる」と。知らなかったあ。
がぜん、欲しくなってきましたーー

ナタデココ。。。一世を風靡した、あの。
そうですね、もっと柔らかくて、こんにゃくゼリーみたいな感じでした。

この、こんにゃくシェフ、着ぐるみだったら、ゆるキャラ間違いなしではありますね(笑)

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.07.21 20:30 
  • [編集]
このパッケージ、確かにつっこみどころ万歳ですね。
エビがメインになってたり。。。
ううっこういう純日本食、素敵ですー。自分では作らないので
是非居酒屋を開店していただきたい。

それにしても、自家製大豆ですか!!
いつか是非そちらの畑の全容を垣間見たいものであります。。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.07.22 07:19 
  • [編集]
これからも世界の「何だ、これは!」な日本風食材を発掘していこうと思っております。

居酒屋とか小料理屋の女将、なりたいんです。
自分が飲むためですけど(笑)
いや、でも、もう少し日本人が多い所に住んでたら、真剣に考えるかも。。。

akaさん!何をおっしゃいますやら。
畑の充実度とか取り組み方とか、akaさんとこにかないませんよー。

NoTitle 

  • Kirschtorte 
  • URL 
  • at 2013.07.22 20:11 
  • [編集]
こんにちは。
こんにゃくも所変われば、高価なものなのですね。
ドイツ語のこんにゃく、すごい名前。。。(笑)

まだ、このこんにゃく使ったことないんですが、Freiburgのアジア食材のところにあります。
ちなみに、このショップ、昆布やほかの食材も豊富でしたよ。(お米とお醤油だけ買ったので、味の保障はできませんが。)

このこんにゃく、今後使う候補にあげてたんですが、味触感ともに、こんにゃくにはほど遠いみたいですね(笑)

日本にいる時、こんにゃく専門店が出している、簡単にできるこんにゃく粉で作ったことがあります。
たしかに簡単なんですが、湯がいたり、放置時間があったり・・・で、結構時間がかかりました。&思ったより大量にできました。。。美味しかったですけどね。。。

ドイツに持ってくるつもりでしたが、沢山出来ても消費に困るので、今回はパスしました。。。
手間暇・消費を抜かせば、おすすめ食材ですよ♪

Kirschtorteさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.07.23 07:56 
  • [編集]
Freiburgのアジア食材店にあるんですか!
今度偵察に行ってみようかなあ~。

モキフーズのこんにゃくは残念ながら、風味と食感に欠け、
日本で味わうことのできるこんにゃくとは程遠い物でした。。。
こんにゃく作りの経験もおありなんですね。おおー、すばらしい!
フランスのお店からオンラインで粉が買えるということを、今日つきとめたので(笑)、
買ってみようかという気になっています。

NoTitle 

  • Kirschtorte 
  • URL 
  • at 2013.07.23 18:25 
  • [編集]
またまた失礼します。(^-^)
Freiburgには3件ほどアジアショップがありますよ。
一番取り揃えがいいところは、ブログのほうで場所など紹介してます。(食べ物のカテゴリーにあります・笑)

フランスで発見!!!
良さそうだったら、またブログでご紹介くださいませ。。。

Kirschtorteさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.07.24 07:42 
  • [編集]
コメント、ありがとうございます~。
ブログにお邪魔した時、食べ物カテゴリー、チェックさせていただきます!
Freiburg、まだまだ未開拓なので色々教えてください。
教会の近くの毛糸屋さんと城門の近くのビーズ屋さん(?)、前回行ったときに発見して、
とても気に入ったので、きっともっとヨサゲなお店があるんだろうなーとニランでおります。


NoTitle 

  • みぃ 
  • URL 
  • at 2013.08.17 09:17 
  • [編集]
えぇぇぇぇーーーー!
大豆自家製ぃぃぃ!!!
ちょっとびっくりしちゃって、またまたコメ。
もう寝ます。ではまた。

みぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.08.18 08:06 
  • [編集]
あははー。いや、そんな大したものではないんですよー。
庭で栽培している枝豆、食べたいだけ食べたら黄色くなるまで放置しておいて、
あとで引っこ抜いて、冬中ガレージにつるしておくだけ…
次の年に蒔く分を取っておいて、あとは大豆として消費、です。
あ、これ、ネタになりますかね。
来年の春まで覚えてたら記事にしよ(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。