YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとも簡単に、メンマらしきもの完成

そもそもの発端は。

今が旬のシュパーゲル(Spargel、白アスパラガス)。
表面の硬い部分を皮むき器でむいて調理するのですが、
この剥いた皮の部分。
これも決して捨てません。
時間があれば、食事の支度の合間に、すぐ鍋で煮て、アスパラスープのための出汁をとり、
時間がなければ、そのままビニール袋に入れて冷凍保存。

で、ある日の午後、夕食のために、
冷凍庫から、袋に入ったアスパラの皮を取り出し、自然解凍。
これに、アスパラのホワイトソースの残りを加え、おいしーいスープを作るぞ、と。

さて、夕食の準備に取りかかろうと、解凍されたアスパラの袋を手に取る。

うわわわわ。
なんということでしょう。
アスパラではなく、それは、薄く切ったタケノコの水煮。
そんなことがあるのでしょうか。
あるんです。

うーむ。
残念ながら、家人はそれほどタケノコに興味はない。
だから、いつぞやアジアンショップで買った水煮が消費できず、冷凍しておいたんだけど、
すっかり忘れとりました。

夕食には使えないけど、解凍してしまったので、
とりあえず、ちょっと手を加えるべく、
鍋に水を少なめに入れ、沸騰したところで、タケノコを加え、さっと湯がき、
火を止めたら、そこに醤油を小さじ2杯分ほど入れて放置。

そしたら、次の日、ちゃんとメンマ的な物ができあがっており。

たぶん、本格的に作るにはもっと調味料を色々使うのだろうけど、
調べるのは面倒なので。
でも、醤油だけで、十分おいしい。

このメンマ、しばらく冷蔵庫で保存して、
一人の昼食時にあれこれ手を加えておかずにしてみた。

ゴマ油で春菊と炒めたら、ちょっと春菊の味が勝ちすぎて、今一つ。
1706132329.png
1706132330.png

王道ともいえるネギとメンマの炒め物は、非常に満足な出来に。
1706132332.png

そしたらラーメンも食べたくなったので、
ドイツのパスタを使って「にせラーメン」を。
冷蔵庫にある材料を駆使し、ニンジン炒めをのせるという邪道ぶりです。
1706132331.png

まあ、本物のメンマは発酵させて作るそうなので、
私のはフェイクもいいとこですが、
でも、それなりの味と歯ごたえが楽しめて、便利なおかずに。

しかし、タケノコの水煮を手に入れるには、50キロ先の町まで行かないと。
そこまでして食べたいかと言うと、
うーん、まあ、そうでもなかったり・・・(笑)。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.06.18 23:10 
  • [編集]
メンマか、、すっかり存在すら忘れておりました。
街で都会の雰囲気を楽しんでいるときに、
”アジアショップ行って、メンマ買おう”とは思わないですね。
そうやって味覚を失っていくのか、新しい味を発見するのか、、、
うちも菊菜が収穫時期なので、新しい味に期待♪

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.06.19 08:24 
  • [編集]
都会でメンマ、それはまるで、解剖台の上でのミシンと雨傘との偶発的な出会い、
のような感じですね(なんのことやら 笑)

昨日今日の猛暑で、うちの春菊、すっかり葉先が変色して大ショックです。
水遣りが十分じゃなかったようで。油断してました・・・。
関西では菊菜、と言うんですか。
淡い苦みがたまりませんねー。好物です。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。