YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーヴル美術館で絵を見る人、を見る

イワノフスカヤが事前にチケットをオンライン購入し、
オサチョフの家に郵送手配しておいてくれたおかげで、
全く並ぶことなく、入場に成功。

初ルーヴル。

空いてると噂のライオン像のある入り口。
ほんとに空いてた。
2505131159.png

館内はさすがに人の群れ。
もちろん展示の数も膨大で。
DSC01969.jpgDSC01970.jpgDSC01971.jpgDSC01972.jpg
DSC01973.jpgDSC01968.jpgDSC01974.jpgDSC01975.jpg
2505131713.png

初めは熱心にゆっくり鑑賞していたけれど、
そのうち来場者を見ている方が楽しくなってきて、
その観察記録。
No Flashなら撮影可の所でパチパチと。
2505131845.png

みろ。
いや、命令しているわけではなく。
2505131718.png

お好きなセリフを、どうぞ。
2505131844.png

飽きたーっ。
2505131714.png

こんなポーズで静止できる彼女の筋力が素晴らしい。
2505131717.png

貸し出ししているオーディオガイドはニンテンドーDS。
2505131715.png

こんな雰囲気の絵があったような。
2505131719.png

そうなんです。
窓から下を眺めるのも面白く。
2505131720.png

まったり。
2505131840.png

これは、必見作品の一つ。
『ガブリエル・デストレ姉妹』作者不詳。
たまには、ちゃんと絵も見ております。
2505131841.png

非常に熱心にメモを取ってた人でした。
作品は、お馴染みの、アングル『浴女』。
2505131842.png

スカートが素敵だった。こちらの『浴女』の前で。
2505131843.png

絵を楽しんでいる人を見ていると、私も楽しくなってくるという。
これ、ルーヴル効果?



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.05.28 22:42 
  • [編集]
さすがルーブル、色々な楽しみを提供してくれるのですね(笑)。
この階段の写真、おもしろい!何かの文字か模様に
なっているようで、目を凝らして見てみました。
確かにここまで巨大な美術館だと、作品鑑賞というより
美術館自体を体感するという感じになってしまい、
もうちょっと規模の小さい入れ物の方が私は好きだなぁ。
あ、讃岐うどんは高いのですか、残念。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.05.29 07:44 
  • [編集]
美術館効果で、私もちょっとアートっぽいことなどしたくなり、こんな写真撮ってみました(笑)
なんか、日本の美術館より、いろんな人が集まってきてるので、
それを観察しているだけで、十分面白かったです。
でも、確かに広すぎるー。
おっしゃるように、落ち着いて作品を見るというより、テーマパークみたい。
でも、機会があればリピートしたいです。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。