YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ、ゲルマン魂、か

ここでも何度も触れているけど、
うちの家人は「ドイツ製品が大好き」。

理由は簡単。
ドイツ人だから(笑)。
いや、本人、大真面目にそう言っております。

いつぞや、ネットで気に入ったガーデン用テーブルを発見。
それが、ベルギーのJati&Kebonとかいう会社の物で、1週間ぐらい悩んでいた。
ドイツ製じゃない物を買うべきかどうか。
結局、気に入りすぎてたから「残念です」と言いながら購入したけど、
そのぐらい、家人にとっては、自国製品であることが大切らしい。

ドイツ人だから、ドイツ製を買うのが、国のため、ひいては自分のためになる、
そうお考えの様子。

そりゃ、私も好きなドイツ製品はたくさんある。
堅牢な作りでなおかつデザイン的にも好きな物は、自分でも買う。
例えば、もう、北欧系の家具とか、買おうと思わなくなっているのは事実。

でも、ほれ、ドイツのフラッグキャリアであるところの、某社。
ここの飛行機で満足なフライトを経験したことないし。
サービスが伴うものは欧州の不得手分野だから致し方ないにしても、
ドイツが何でも一番、と言われると、
なんとなくそうじゃないものも探したくなってしまう。

家人とのやりとりにおいては、こんなこともあった。

スーパーでメープルシロップを買おうとしたら、
「ドイツ人の食べ物ではありません。ドイツには、いい蜂蜜がたくさんあるんです。それを買ってください」

とか、

店頭にあったタータンチェックのマフラーが素敵だったので、家人に、買う?と訊いてみると、
「私はショッテ(Schotte/スコットランド人)じゃありません!」

とか、

テレビでバーバリーのコートを着ている人が出てきたので、
家人に、「こういうの着たら?」と勧めてみると、
「これは、畑のフォーゲルショイヒェ(Vogelscheuche/かかし)が着る物です。
ドイツの会社のいいコート買いましょう」

とか。

ドイツ人がみんな、うちのドイツ人みたいに頑ななわけではないと思うけど。
どうなんでしょう。
ドイツ製品にこだわるドイツ人の方が、日本製品にこだわる日本人より多そうな気もする。

こうしてみると、日本人というのは、非常に広い心でもって、何でも受容できる国民だなあ。
良く言えば。

身の回りの、ドイツ製。
ドイツの一般家庭においては、ごくごくありふれた、ふつーうのモノたち。
280320132303.png 280320132304.png 280320132314.png
280320132306.png 280320132307.png 280320132308.png
280320132309.png 280320132311.png 280320132312.png
280320132313.png 280320132310.png 280320132305.png

それにしても、バーバリーのコートを指して、「かかし」っていう形容、
これはちょっと面白かったな。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • kotomi 
  • URL 
  • at 2013.03.30 01:50 
  • [編集]
あー、分かりますこの感じ。
うちの旦那もドイツ製品というよりも、地元産を愛するドイツ人ですね。
スーパーでもマーケットでも、住んでいる州が産地のものをわざわざ選ぶし、ハチミツも地元の養蜂所を応援するんだといって、わざわざ買いに出かけます。
さらに言うとDDR贔屓でして、やはりあの時代に作られたものは、そう簡単に壊れないらしく
工具とか農作業の道具なんかは新しいものよりも、DDR時代の物をフリマとかで探します。
でも、確かに丈夫なんです。

たまに面倒くさいと思うけど、やっぱドイツ製品の頑丈さや使える年月のことを考えると、
いいこだわりなんじゃないかと最近は思います。


kotomiさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.03.30 08:23 
  • [編集]
そうです、そうです。家人も地元の個人商店を支えようとしてます。
日本でもそうだったけど、そういうお店で買い物した方が楽しいので、私もそれには賛成です。

DDR製品って「オスタルギー」で可愛いものというイメージがありましたが、
そういう丈夫な製品があったんですね。知りませんでした。
ご主人、もしかして、プラスティックとかシリコンとかの製品、好きじゃなかったりします?
うちはものすごく拒否反応が出ます(笑)。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。