YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母の誕生日、奔走するドイツ人

先月は私が2週間寝込んでいたので、2つの誕生日パーティを欠席。
1か月ぶりの久々の出席となるのは、義母の誕生日会。

数週間前から、家人とその兄と弟、プレゼントについて事あるごとに相談しあい。
あーでもない、こーでもないと悩んだ結果、テレビを贈ることに。
義母が大事に使っているのは、ブラウン管の、奥行きが50センチぐらいあるようなテレビ。
なので薄型の、今どきのを贈ろうかと。
しかし、義母は、ちゃんと使える物をわざわざ買い替えるのが大嫌い。
なので、テレビなぞ要らないときっぱり。

いやいや、あなたの友達のリズベートのところも、ヘレンの家も、
いまや、薄くて大きな画面のテレビ使ってるでしょうが。
消費電力も新しい製品のほうが少ないし、機能も便利だし、軽いから移動も楽だし。

家人たちの説得に次ぐ説得で、ようやく首を縦に振った義母。

それっ!と次は、テレビの機種さがし。
家人は自分でテレビを買う時はLoeweという会社のに決めているけど、
それだと予算がかなりオーバーするらしい。
安いテレビについて、私は全然わかりません。友達に質問しましょう」と、
ちょっと鼻もちならぬ発言をしつつ、メールを書き始める。

友達というのは、村で「家電やコンピューターについてなら、この人」と、
皆から当てにされている某氏。
やがて返事が来て、Samsungのこれこれこういう型番のものが予算内でおすすめであると。    
約400ユーロ。
テレビ、意外に安いんだなあ。知らなんだ。

数日間、家人が会社帰りに家電ショップ巡りをして当該機種を探すも、見つからず。
誕生日2日前に、やっとネットで見つけて発注。
配達予定日は誕生日当日。

当日、会社にいる家人から「テレビは来ましたか」と確認の電話があること2回。
お昼過ぎに無事、到着。
020320131408.png

夕方、テレビを持って義母宅へ。
彼女が食事の準備をしている間に、家人とその兄が居間に設置&設定。
映るようになったところで、義母を呼ぶ。

無表情で居間に入ってきた義母、新しいテレビをちらっと見て、
「Das ist nicht notwendig! どうしても要るってわけじゃないのに!」と。

家人、兄、私、思わず顔を見合わせ、苦笑。
実は彼女のこの反応、お決まりで。
素直に喜んで「息子たちよ、ほんとにありがとう!!」なんて言ったりしない。
嬉しいくせに、なんか皮肉っぽいこと言って、照れ隠しをする。

申し込みが必要な有料放送とラジオも含めると500局以上の登録が可能。
でも、義母、ARD、ZDF、SWR、BRの4つだけチャンネル設定しておいて、とそっけない。

色味がよくないとか、またリモコンの使い方覚えなきゃとか、
文句が多ければ多いほど、お、喜んでるな、とわかる(笑)。

遅れてやってきた家人の弟も一緒に、テレビの前に集まる。
ほんとに、母ちゃんのためならエーンヤコーラ!な、感心な息子たちだこと。
020320131421.png

夕食後のデザート。夜9時過ぎから、これを食べる。
慣れてきたのが、いいのか、悪いのか。
020320131410.png
020320131409.png




にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。