YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神的にケチな人

吝嗇。
私は10歳の頃にはこういう漢字が読めていた、ヤな子供でした。
ありがちな話ですが、今ではすっかりそんな面影はございません。
フツウ以下のゆるい人になってしまいました。

しかし。
三つ子の魂なんとやら、で幼少の頃に覚えたことはちゃんと今でも頭の中から出てくるもので、
その貯金で細々と生き延びております。

で。
吝嗇。
念のために、読み方は「りんしょく」です。ケチってことです。

いつぞやもここに書いた、ちょっと子供っぽいところのある香港人の友達と話をしまして。
最近ひどく憤っていることがあるそうで。

彼女には、同郷の香港人の女友達がいて。
ただ、その人、彼女よりも少し遅くドイツに来たので、色々と自分の知っている情報を提供したり、
友人・知人を紹介したりしてきたらしい。
1年近く過ぎ、その女友達もこちらの生活に慣れ、あまり会うことがなくなってきた、と。

それでも、たまーに会うことはあり。
そうすると、こんな友達ができて、こんな集まりに参加していて、こんなことを始めて、
とか、ずいぶん楽しそうなんだと。
だけど、じゃあ今度友達を紹介するとか、一緒に集まりに参加しようとか、
そういう風には話が発展しないんだと。

で、私の友人いわく
「私は彼女に色々教えてあげたり、人を紹介してあげたり、家に招待してあげたりしたのに、
私は彼女から何もしてもらってない!」と。

私の率直な反応は、「知らんがな」だったのですが(笑)、
まあ、わかる気もする、とも思い直し。

そういえば、日本にいる外国人から、そんな話をよく聞いた。
日本人はなかなか家に招待してくれない。
住所を教えてくれない。
自分たちの輪に入れてくれない。
云々かんぬん。

日本人が全員、そんな閉鎖的な人みたいに言わないでよー。
そういう人もいるし、そうじゃない人もいるもん!

というのが当時の私の反論でした。
で、反論する以上は、自分ちにせっせといろんな国の人を招待していたのでしたが。

えーと。・・・そうそう。
「彼女はそういう、招待してくれない、誘ってくれないようなケチな人なんだ」
と香港人の友人は言う。
自分を友達に紹介すると友達が減ると思ってるに違いない!と怒る。

なるほどね。
金銭的にじゃなくて、精神的に吝嗇ってことか。
人間関係を損得で捉えてるってことかもね。

てか、あんたも「私はこれだけしたのに、何もしてもらってない」という考え方だと、
そのイヤな友人と変わらない気もするけど。
・・・と言ってみると、彼女、ぷいーんとぶんむくれた(笑)。

でも、気の毒だなあ。
せっかくの同じ香港からの友人なのに、減ってしまうのは。
でも、ストレス溜めないためには会わない方がいいような気もするし、
それか「私にも誰か紹介してよー」と言ってみるとか。これは言いにくいかな。
うーん、私は彼女にどんな助言ができるでしょう。

200220132253.png

友人がくれたお土産。
餅!?と一瞬思ったけど、Cakeのことで。
もっちりの対極にあるサクサクした、おいしい、クッキー的お菓子でした。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2013.02.21 22:17 
  • [編集]
もともと普通以下で更に下り坂を突き進む私は
もちろんこの漢字、読めませんでした。。
外国に住む同郷人の中ではよくある話なのかしら。
私のまわりにはやたらと韓国の方が多かったのですが、
よく似た話を聞きました。もっとどろどろで、極道の妻の世界。
新入りに腹くくって物言いやーみたいな。
”そんなら、友達やめちゃえば?”と助言して、グループに戻っていく人も多く、
結局は自分の考えを尊重していくのだと実感しました。
で、私は悪の囁きを唱える日本人なのか??

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.02.22 08:40 
  • [編集]
ご、極道の妻の世界!?
筋を通さないとエライことになるわけですね。めんどくさい!(笑)
アジア共通のムラ社会ってやつでしょうか。
ドイツみたいに個人主義が割と徹底している国では、そういうことは起こらなそうですよね。
で、悪の囁きを唱えるakaさん(笑)。
いや、悪じゃないですよー。むしろ正しいかも。

NoTitle 

  • みぃ 
  • URL 
  • at 2013.02.23 01:34 
  • [編集]
常に小学4年(男子)レベルの思考の私には、さっぱり読めませんが・・・

ケチかー。ケチなのかなぁ。
たとえば、私に日本に日本人の友人が数人いるけど、それぞれ会わせたことなんてないし。
だって「私の友人」ってだけで、その友人達同士には共通点は無いもの。
それがドイツに移っても同じなのでは?
そもそも、お話の友人は、新入りさんより長くドイツに居るんですよねぇ?
先輩相手に、下の者が紹介しますか?私ならしませんよ?
コミュニティーとやらも、前からあるものなら、元々参加してない人を誘いますかねぇ?

ご友人の香港人、ただのかまってちゃんなのでは???めんどくsy・・・自粛

みぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.02.23 08:56 
  • [編集]
私自身は、割と「友達まとめて食事会」のようなことをオーガナイズするのは好きです。
みぃさんのコメントでハッとしたのですが、「先輩・後輩」という人間関係のこと、すっかり忘れてました。
このアジアっぽい上下関係、たーいーへーんー。
ドイツはこのあたりが楽な国ですね。
友達、かまってちゃんかも、です。
でも、連絡をくれるのは、知らん顔されるより嬉しいし、
なんだかんだ言って、本音で話ができる、ここでは貴重な友人のひとりです。

そーいえば 

  • みぃ 
  • URL 
  • at 2013.02.24 10:35 
  • [編集]
私、紹介したことありました。
私より遥に長く住んでた日本人女子に、語学学校で知り合った新入り女子を。だって、仲良くできそうって思ったから。

本音で話ができるのは、香港のご友人同士もかしら?そこ大事。

みぃさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2013.02.25 07:19 
  • [編集]
私の友達にも、みぃさんみたいに「仲良くできそう」って思って、人の輪を広げてくれるような友達がいればなー。
香港人同士はどうなんでしょう。私の友人も私に言うんじゃなくて、友達に直接言った方がいいですよね(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。