YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ今年初のブドウの収穫

朝10時に、家人と私、叔父さんと義母の4人でいざブドウ畑へ。
今日は本収穫の前のプレ収穫の日。Vorlese(フォアレーゼ)というらしい。

去年の1回目の収穫は9月14日だったから、今年は2週間遅い。
去年の模様。
DSC02948.jpg DSC02957.jpg

ブドウの房を切るための専用の鋏。手作り品だそう。
DSC06796.jpg

ブドウを摘んでる間に、果汁で手も鋏もべとべとに。
そうなると鋏が開きにくくなって、時間はかかるし、手は痛くなるし。

でも、なかなか楽しい作業。
なにも悩まず、摘み取っていけばいいだけの単純作業だから。
叔父さんと義母はブドウ畑の仕事が大好きなんだとか。
で、二人で作業中ずーっと話しっぱなし。
気分が高揚しているのが伝わってくる。
「良く育ってるよ、ブドウ」と二人が言ってくれ、ほっとする。

午後2時すぎ終了。
本日の収穫分。従兄が営む醸造所へと運ぶ。
DSC06804.jpg

前回の計測よりいくぶん糖度が上がって、82エクスレ。ここでも一安心。
これがうちで飲むワインになる。約400本分ぐらい。

叔父さんと義母を招いて、うちでかなり遅いBBQの昼食をとり、解散。

でも、まだうちではリンゴの収穫が残ってたりして。
これも2時間かかって、3本の木から全ての実を取り終え、
状態のいいものは、木箱に並べてガレージで保存。
少し傷みがある物は、またリンゴジュースを作る会社に持っていく。
DSC06814.jpg

ふー。
か、体が痛い(笑)。
疲れてるかどうかも、なんかわからなくなってる感じです。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。