YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツで「静かーに」暮らす

同じドイツに住んでいても、学生とわいわい過ごしていた頃は気づかなかったこと。
いかに自分が日常生活の中で「音を立てて」いるか。
家人の家に越してきて一緒に暮らすようになって、やんわりと、でも頻繁に、「静かに」するよう注意が。

例えば。

どすどす歩かない。
DSC06587.jpg

電気のスイッチを「はたくように」押さない。
DSC06582.jpg

水道の水を止める時、レバーをどんっと下げない。
DSC06584.jpg

ラッチの音を立ててがちゃっとドアを閉めない。(←ちゃんとレバーハンドルを使えと)
DSC06581.jpg

引き出しをばたんっと閉めない。
DSC06590.jpg

荷物を机の上などにどさっと置かない。
DSC06605.jpg

とかとか、などなど。
日本にいる時だって、そうそう物音を立てまくっていたわけじゃないけどなー。
しかし、こうも注意が続くと、自分が野蛮人に思えてくる。
はなはだ遺憾。

村の他のお宅で気をつけて観察していると、
確かに、がちゃがちゃ、どすどす、ばたんっ的な騒音ってあまり聞こえない。
共同住宅だろうが一戸建てだろうが、家の種類に関わらず。
馬鹿笑いをしたり、鼻水を「ぶみーっ」と大音量でかんだりするくせに、
物音には気をつけている様子。

ところで、異文化を語る文脈でよく出てくるのと同じエピソードが、私の周りにもあったのだけど。

家人が以前、ママへのプレゼントとして日本から風鈴を持ち帰った。
ママはバルコニーにつるして鈴の音を楽しんでいたのだけど、近所の住人から苦情が。
風が吹く度、チリチリ鳴ってうるさい、と。
いや、そういうものなんだけどね、日本では。風物詩よ、風物詩。
でも、鈴の音に慣れていない皆さんにとっては騒音でしかなかったと。
それ以来、ママは風鈴の内部についてる部品を外して音が鳴らないようにして使用している。
ま、日本でも家が密集しているような所だと迷惑な気もしますが。

ドイツには「静かにする時間帯」とか「静かに過ごす日」があるけど、
それ以外にも物音に気をつける生活をする必要がある我が村。

面倒?
うーん、まあ、慣れたか、な。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2012.09.28 06:43 
  • [編集]
エー×2!
1、風鈴、ショックです。(風鈴好き。
2、私は”なぜドイツ人はあんなに物音を立てるんだろう”といつも思って暮らしてきましたよー。
私があまりにも物音を立てないから友達の間で”あいつは忍者の末裔だ”と噂されたり。。そちらの村に引っ越したいです。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2012.09.29 05:40 
  • [編集]
あ、風鈴好きでいらっしゃいましたか。揉めるみたいですよー、風鈴の音で。

そういえば、私も気配を消していることはあるようで、「おわっ、いつの間にここにいた!?」と
驚かれたりはします。

ぜひ、わが村へ!釣れるポイントも探しておきますー^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。