YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのレトルトカレーを、試す

ドイツでおなじみのオーガニックショップAlnaturaが、
商品を一般のスーパーに卸すようになり、
それとほぼ同時期に、オトナの事情で、
これまでパートナーであったドラッグストアdmとの提携を、
どうやら解消したようで。

dmではオリジナルブランドのオーガニック商品を販売するようになり。

でも、なんかデザインがいまひとつで、
「だっさー」とか思いながら見ていたんだけれど(笑)、
つい先日、レトルトカレーを発見。
0604170148.png

もしかしたらもうずいぶん前から売られていたのかもしれない。
でも、まったく気づかずにいて。

おいしければ常備品として役立つかもしれない。
そう思って、一袋、試してみることに。

・・・と、買ってはみたものの、
食材のストックを消費しなければならなかったり、
時間がなかったりで、なかなか食べる機会がなく。

本日、ようやく、試食。

うちは電子レンジがないので、
熱湯にレトルトパックを入れ、5分。
このあたりの「調理法」は説明書きをみるまでもなく、
日本人なら慣れっこであり。

うちの家人なんかは、
まだ一度もレトルト食品を食べたことがないかも。
絶対、鍋に袋の中身をあけてしまうだろうなあ。
もちろんそうやって調理してもいいんだけども。

豆腐入りインドカレー、と書いてある。
うんうん、いいんじゃないの。
楽しみだ。

しっかり温めた袋を開け、ジャスミン米の隣に盛りつける。

ありゃ、予想以上にもったりしている。
一般的なレトルトカレーとはちょっと違う。

でも、ま、いいや。
0604170149.png

いや、よくない。
おや、おやおやおや。

よく見ると、すでに米が入っている。
慌てて袋をよく見ると、あらー、ちゃんと書いてある。
0604170150.png

ごはん、炊かなくてもよかったのかー。
もったり感はレンズ豆が入っているからかと思ったら、
そうじゃなくて、米だったのね。
カレーリゾットのレトルト、ということか。

それでも、ごはんも盛りつけてしまったので、
一緒に食べる。

生姜の風味は感じるものの、
正直、これ、ほんとにカレー?と言いたくなるほど薄味で。
塩とカレーパウダーをふりかけてみる。
それでも全然足りない。
これは、中身を鍋にあけて、好みの味に仕上げ直すべきだ。
もう面倒だからそのまま食べたけど、
ちょっとがっかり。

惜しいなあ。
これなら自分で作って冷凍しておいたほうがいい。
期待が大きかっただけに、ほんとに残念。

日本のレトルトカレーが大きな発展を遂げたように、
ドイツのレトルトカレーにも進化してほしいなあ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。