YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

アルザスワイン街道の村、Kintzheim(キンツハイム)

記事の更新が滞っている間、
もちろん時間は過ぎていっているわけで、
あれこれあったのに、いざ何かを書こうとすると、
遊び歩いた記録ばかりに。

うーむ。そんなんでもないんだけどな。
まあ、いいや。

ちょっと遠足でも、とお誘いをいただいて、
日帰りでアルザスの小さな村を訪ねることに。

なるべくあんまり名前を聞いたことのない場所がいい、
ということで、ワイン街道沿いのKitzheim(キンツハイム)へ。

ストラスブールからセレスタまで電車で、
そこからバスに乗り換えて10分ちょっとで、
キンツハイムの村役場前に到着。

案内所を探してうろうろしていると、
あらあら、なんだか素敵なものが。
いきなりこんな物件に当たるなんて、いい予感しかしない。
0404170207.png

ブドウ畑と城。
よく考えたらうちの村でも見慣れた風景だけど、
そこは、ほら、旅気分だから、
「きゃー、お城」なんつって写真撮る撮る。
0404170208.png

レストランの選択肢があまりなく、
Jennyという名の店で昼食を。
運よく予約なしでも何とかテーブル確保。

食後の散歩。
木組みの家が並んでいい雰囲気。
0404170209.png

こんな愛くるしい家も。いいなあ、いかにもアルザス。
0404170210.png

さて、城でも見に行くかということで、
町を抜け、森へと分け入る。

森の木にかけてある小さな道標を頼りに歩く。
ところが、行けども行けども、歩けども歩けども、
城の姿は全く見えてこず。

2時間以上は歩いたような。
木の葉が茂っていればまだ日陰にもなっただろうけど、
まだすかすかな状態なので、どうにも暑くて。
0404170211.png

あわや脱水状態に、というところで、城壁が見え。
ちらっと見えた窓越しの冷蔵庫にコカコーラのロゴが書いてあって、
それがどんなに嬉しかったことか。

Haut Koenigsbourg(オー・ケーニグスブール)城。
村から見えた城とは別の城に辿り着く。
かなり立派な城で、ツアーで来ている人も多い。
0404170212.png

毎年50万人の来場者を誇る、
フランス国内でも有数の観光名所、
ということは帰って来てから知ったんだけども。

残念ながら内部を見学する時間はなく、
帰りはバスで村までおりようと思ったら、
バスはこの時期週末しか運航していないとわかり。
またまた長い道のりを歩いて下るしかなく。

途中、道に迷って、別の城に到着。
ここが、村から見上げたところにある城で、
猛禽類のショーでおなじみらしい。

さらには、近くに「猿山」もあって、
近寄ってくるサルに手から餌をやることができるそうで。
子供連れで来ても遊べる村なんだな。

ちょっと贔屓目に見てしまうところはあれど、
やっぱりアルザスの村は訪れ甲斐がある。
大人にはワインの試飲というお楽しみがあるし。

森を歩きながら、ずーっといろんな話をしたのもいい思い出。

ドイツの木組みの家が好き。ドイツのワインが好き。
でも、アルザス巡りもやっぱりいいなあ。
次はいつ、どこへ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

遠足 

  • snowkoala 
  • URL 
  • at 2017.04.15 20:28 
  • [編集]
アルザスへの遠足、楽しかったですね〜♫今頃、帰国を楽しんでることでしょう。戻ったらまた遊びましょうね

snowkoalaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.04.17 15:50 
  • [編集]
わー、コメントありがとうございます。
なんかヘロヘロでしたが、真の国際協力とは何か、なんて話もしたりして、忘れられない一日ですよ。
もうちょっと体力つけときます。また誘ってくださいね♪

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼