YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアスーパーの、さいころ油揚げ

一応、産地だとか原材料だとか、
食の安全というものを考えてはいるけれど、
あれこれ買っては試してみたい好奇心の方が若干強いかも。

そうやって色々口にした経験からの判断で、
「これは買ってみてもよさそう」
「これはダメだ」
と鼻が利くようになったというか。

数週間前に、いつも行くアジアスーパーに、
油揚げが売られているのに気づき。

豆腐泡、と書いてある。
なるほどねー。
扱っている会社がフランスにあるので、
パテ・ドゥ・ソジャ・フリとの表記も。
こう言うと、意味はわかるけど、油揚げ感ゼロ。
1003170324.png

見慣れた日本の油揚げとは違って、
サイコロのようなころころした形。
ふむ、これはこれで、面白く使えそう。

ということで、買ってみた。

かなりしっかりと中身が詰まっている感じ。
でも、厚揚げよりは空気が入っている。
まあ、豆腐のように使うのもありかと、
ニラ、トマト、卵と一緒に炒めてみる。

薄く切って味噌汁の具にも。
1003170325.png

味はいたって普通の油揚げ。
日本の油揚げのように薄くない分、噛み応えあり。

一度にはとうてい使い切れない量なので、半分は冷凍に。

別の日には、これまたアジアスーパーで仕入れた、
里芋と蓮の茎を一緒に煮てみる。
サヤインゲンか何か、ちょっと緑のものを添えればよかった。
器の色と同化して、えらく地味な一品に。
1003170326.png

この油揚げ、煮物にしてもなかなかいける。
たっぷり出汁を吸って、ああ、おでんの具にもなりそう。

あ、これ、ルーラーデを作った次の次の日ぐらいの昼食だ。
残りのルーラーデを薄ーく切って、おかずにしたんだ。

お好み焼きに入れようと思って日本から持って来ていた桜エビを、
ニラと一緒にカラッと炒めて、ふりかけ風に。
ニラはもっと細かく切った方がよかったな。

先週フライブルクに行った時に、
日本食材も豊富に扱っているアジアスーパーで、同じものを見つけ。
私が気づかなかっただけで、結構おなじみの商品なのか。
そのスーパーには、日本の油揚げも置いてあり、
そっちが手に入る地域に住んでいたら、
こっちは買わないだろうなあ。

でも、でも。
中に詰め物をして、ミニ巾着を作ったり、
かりかりに焼いて、醬油をつけてシンプルに食べたり、
特別なレシピがなくても、十分満足できる。

同じようなことをよく書いてる気がするけど、
こんな風に、油揚げを食べるだけでしみじみする日が来るとは、
日本にいる時は思いもしなかったわい。

しかし、アジアスーパーの商品を買って、
鼻が利かずにまんまと失敗した例というのももちろんあるので、
それも、そのうち。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • きゃすぴえ 
  • URL 
  • at 2017.03.13 00:41 
  • [編集]
おお、私もこの中華油揚げ使ってます。私が住んでいる町では、日本の油揚げも日本スーパーや韓国スーパーに行けば手に入りますが、値段がかなり高めなので、私は日常的に使うぶんにはこちらをいつも愛用してます。
日本製とか日本製もどきは、中国や韓国スタイルのものに比べて高いので、結局買わないことが多いです。中国製だと躊躇するんですが、案外北米の地元の街で中国系の方が製造してる品だったりするので、地元ビジネスをサポートする方が環境にも地元経済にもいいし。

きゃすぴえさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.03.15 10:29 
  • [編集]
わ、そうなんですか。このあたりだけで流通しているのかと思ったら、ワールドワイドに販路が開かれている品だったのですね!気になる嫌な風味もなくなかなか使える一品ですよね。
地元ビジネスを支えるというのは私も大賛成です。何でも自分の家で栽培したり、手づくりしたりできる環境にはありますが、近くの店で買える野菜や食材は自分ちで作らず、買うようにしています。。店舗で手に入る状況を保つことも必要ですしね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。