YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの巻き巻き料理、ルーラーデ

先日、家人が家で昼食をとる日があり。
なぜか機嫌がよかった私、
何か家人が好きな物を作ろうと思い立ち。

ドイツっぽい料理なら、何でも喜んで食べるので、
最近作っていない、Roulade(ルーラーデ)を。
0703170321.png

ルーラーデは「巻き巻きする」という意味なので、
巻いてある料理は何でもルーラーデ。
肉でも魚でもキャベツでも。
ロールケーキのこともルーラーデと言ったりする。

この日作ったのは、クラシックな牛肉のルーラーデ。
ルーラーデ用に薄目に切ってある肉を買い、
それをさらに叩いて伸ばす。

塩、コショウをよく振り、片面にマスタードを塗る。
ベーコンスライスを3枚、肉の上に敷いて、
玉ねぎのスライス、半分に切ったコルニッションを載せ、
くるくるくると巻いていく。
調理しているうちに崩れないように、
串や糸などでしっかり留める。

フライパンで肉を焼き、取り出したあと、
1センチ角に切った根セロリ、玉ねぎ、ニンジンを炒める。
タイムの葉とローリエ、トマトピューレと赤ワインを加え、
最後に水を入れて、煮たたせる。

肉をフライパンに戻し入れ、
蓋をして、オーブンで1時間半ほど火を通す。

最後にスターチでソースにとろみをつけ、
味をととのえて、完成。

この料理のポイントは、ロールをうまく留めることと、
野菜と肉の旨みが出たソースの味。

つけあわせは家人の希望で、赤キャベツとヌードル。
他に定番のつけあわせとしては、
ゼンメルクネーデル(パン団子)やじゃがいものピューレなど。
でも、これだと面倒で、機嫌が悪くなるといけないから、
一番簡単なものを。

時間はかかるけれど、ものすごく簡単。
ソースも満足のいく出来栄えで、大成功。
0703170320.png

だったんだけど。

翌日は義母の誕生日会。
ルーラーデを食べながら、家人にどんな料理が出るか聞いてみる。
「こわしのNiere(腎臓)、こわしの肉でぐるぐるします」

牛のことは「うし」と言えるのに、
なぜか仔牛のことは、いつも「こわし」という家人。
それはともかく。

「え、それってルーラーデ?」
「大体、そうですね」

ありゃりゃ、そうだったのか。
微妙にかぶりましたな。

誕生日会当日。
節制期間中ではあるものの、誕生日の方が優先され、
肉もワインもケーキも揃い。
仔牛の腎臓巻きは、初めて食べる料理だったけれど、
私が作ったルーラーデより、何というか安定のおいしさで。
年季の入り方が違うから当然と言えば当然。
私のように「こんな感じかなー」と、
見よう見まねで作ってるんじゃないもんね。

こういうことがあると、ドイツ料理を練習したい気になる。
なにしろ義母の料理の味がスタンダードになっているドイツ人に食べさせるわけだし。

やる気になっているうちに、
ルーラーデのバリエーションをもう少し究めてみますか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

美味しそう! 

  • KOR 
  • URL 
  • at 2017.03.07 20:02 
  • [編集]
「ルーラーデ」。昔ローテローゼのお料理教室で厨房で調理過程を見学、レシピもいただいたのに家では再現しないままです。お写真見て美味しそうで材料も簡単に揃いそうなのでやってみようかな。
そのときの付け合わせはクヌーデルでした。
下手くそな自分で描いた絵を見ると、ラップを敷いて牛肉、中身を乗せて巻き巻きしてたようです。巻きつける紐の順番まで書いてあって、両端を留めてから真ん中を留めると。熱心に講習受けてた割には全然家族に作ってあげてない。。。^^;
煮汁は「こして」とあるのですが、セロリや人参、玉ねぎ(お料理教室では白ネギも)はどうしたのかな、捨てちゃった?
Yさんのソースもとろみはついてるもののドロッとした感じはなく、ミキサーにかけたりはしないのでしょうか?
赤ワインが進みそうですねー。是非やってみます。

なんか食べ物の話題ばかりに食いついてコメントしてるみたいです、私。恥ずかしー。


KORさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.03.08 10:48 
  • [編集]
食べものの話に食いついてくださるのは、食いしん坊の私としてはとっても嬉しいです!

ローテローゼで本格的なルーラーデを習ったことがおありとは。私のはかなり自己流(しかも手抜き)なので、ちゃんと習ってみたいです。

ラップの件、そうです!まず、ルーラーデの肉をラップにはさんで叩いて伸ばし、ラップの上でいろいろ作業をします。
煮汁は、ザルで漉して、ザルに残った野菜はミキサーにかける方法もありますけど、実は、この野菜を食べるのが好きなので(笑)、別にとっておきました。特にソースを作る時に使った野菜はしっかり味もついているので、立派な(?)おかずになります。これも食いしん坊ならではの利用法!?

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。