YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルザスの町アグノーで、打ち合わせ

天気が変わりやすいのは、春のせいなのか、
今日は雨がふったりやんだり。

今週はFaschingsferien(カーニバル休暇)で、
幼稚園や学校が休み。
私もいろいろ休みをもらって、ゆっくり。
しかし、このカーニバル休暇。
祝日でもないし、オフィシャルな休みじゃない筈なのに、
きちーーんとどの学校もお休みに。
不思議ではある。

今日も会場をフランスに移して、
買い物と食事を兼ねた、ドイツ生活打ち合わせを。

まずはスーパーマルシェならぬ、
ハイパーマルシェで買い出し。

おいしそうな物がいろいろ目につくけれど、
明日はAschermittwoch(灰の水曜日)。
つまり、復活祭の前日まで節制期間の最初の日。
私は信仰的なことは関係がないので、
何を食べようがいいんだけれど、
家人はちょっと甘い物などを避ける。
だから買いすぎてしまうと、一人で消費することになって大変。

買い物に出かけるタイミングを間違えたな。
・・・と言いつつも、やっぱり買わずにはいられず、
Chouquette(シューケット)やらベニエやらが、
気づくとカートの中に。

昼食はHaguenau(アグノー)の町の中で。
この町は規模が大きすぎず、歩いて回るのにちょうどいい。

車を止めた場所の近くにあったレストランで、
その店の名物Röstiを食べることに。
もともとはスイス調理だけど、ドイツでもよく食べられる。
フランス語のメニューを穴が開くほど見つめ、
普段はあまり発揮されない集中力をここぞとばかりに使い、
鴨肉のスライスや、鶏のレバーが載ってるっぽいものを注文。

大体予想通りのものが、スキレットに山盛りになって出てきて。
0103170340.png
@Au Caquelon

思ったよりも量が多く、私としたことが半分しか食べられず、
お得意の、お持ち帰りを。
これも灰の水曜日向きの料理じゃないけど、仕方ない。

小雨が降る中、満たされたお腹を抱え、町歩き。

胃に少し余裕ができるまで歩いて、カフェ休憩。
黒地にピンクのロゴが映える小さな店を見つけ。
ドイツの大きな一切れは収まらないけど、
フランスのこぢんまりしたケーキならお腹に入る。

そうとは知らずに入ったけれど、
ケーキは全てWissembourgのDaniel Rebertの。
これなら、2個ぐらいいけたかも。
0103170342.png
@Le Boudoir

旅行気分で肩の凝らない打ち合わせ。
日々の小さなこと、にやにやすること、もやもやすること、
ふーんと思ったり、おやっと思ったりすること、
それを吐きだして、突き合わせて、
納得したり、笑いとばしたり、考える宿題にしたり。

食べ過ぎながらも、頭はすっきり。

そうそう、町の本屋のウィンドウ。
こんな文字が目に入って、どっきり。
今年の1月に発売されたフランスのコミック、"SHI"だって。
0103170341.png

さてと、3月。
慌ただしく過ぎる、予感ひしひし。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。