YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージアムという名の、私の部屋

す、すみません。
昨日は、思わせぶりな、気を引くようなタイトルをつけてしまって。

ちょっと気の迷いがあったことは確かなのですが、
しつこく細々と書けるときに書けることを書いていきますので、
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ということで、先日行った、ミュージアムのことなど。
2202170257.png

小さな町や村の郷土資料館は魅力がいっぱい。
うちの村もそうだけど、古い生活用品が展示されていて、
昔好きの私にはたまらない。

ちょこちょこと古い物を集めるのが好きな私でも、
さすがにそう何でもかんでも集めるのはムリで。

そんな私の代わりに、せっせと古い物を収集管理してくれる、
それが、郷土資料館。

いやいや、私のためじゃない。
もちろん、市民町民村民の皆さんのため。

でも、規模の大小問わず、ミュージアムを訪れる時の私の基本姿勢は、
「わたしのためにありがとう」(笑)。

さて、この小さなミュージアム。
町の資料館なので、町のあらましを紹介している。
例えば、町の産業。
もう廃れてしまったタバコ産業やカゴを作る工場から、
現在数社ある大企業まで、
その歴史の説明や製品の展示など、なかなか行き届いていて。

接着材でおなじみのメーカーの昔の製品。
このレトロさが、私の所有欲をそそる。
2202170254.png

マニア垂涎のホーロー看板。
2202170253.png

古い店舗を再現した展示。
こういう展示は定番で、あちこちの資料館で見かける。
いかにもヴィンテージな雰囲気が醸し出され。
展示品とか家具、売ってほしいわー。
2202170255.png

一般的なドイツの歴史を学べるコーナーも。
これは、十分の一税についての説明。
ちょっと特殊で重要な昔の税金システム。
2202170258.png

木組みの家街道巡りをしていると、
当時作物などで支払われていた「税金」を納める、
「十分の一税倉庫」が残っていたりする。
年貢を保管した蔵屋敷みたいなもの。

この町のはずれで生まれ、19世紀から20世紀初頭にかけて活躍した、
リトグラフ作家の機材や作品などを集めたコーナーもあり。

ついでに、記念撮影ができるスペースも。
2202170256.png

セットに腰かけ、テーブルの上に置かれたリモコンのボタンを押すと、
昔の大型カメラの中に仕込んだデジカメのシャッターが切れる仕組み。
プリンターとも連動していて、
欲しければ1枚50セントでプリントもできる。
なんか楽しいなあと思ったら、プリクラの感覚に近いからだと思い出す。

入場無料で、町の歴史愛好会の親切なおじさんが店番を、
あ、店番じゃないか、ボランティアで受付をしていて。
お客さんが来なくて暇だから2人一組体制で。
話し相手がいれば、退屈しないからね。

愛すべき、小さな資料館。
私の部屋がまたひとつ増えたような気持ち。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • ao 
  • URL 
  • at 2017.02.25 00:20 
  • [編集]
こんにちは。お久しぶりです。

こういう博物館みたいなの、私も大好きです。
お写真のはどの町のかなぁ? ちょっと見に行きたいかも、です。

私のお勧めは ↓

http://www.museum-der-alltagskultur.de/

州立博物館の分館で、正方形のチョコレートの本社がある町にあります。
毎月、最後の金曜の午後は入場無料(って、今日、ですね)。
近くまでいらっしゃるようなことがありましたら、是非に! 掃除中のルンバ君に会えるかも。

(で、帰りにはチョコレート工場の方にも行って、まとめ買いする、というのも良いかと(笑))

aoさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.02.25 10:54 
  • [編集]
お久しぶりです!コメントありがとうございます。

この博物館はBühlという町のStadtmuseumです。火・木・日の週に3日しか開いておらず開館時間も短いので、訪問には細心の注意が必要です。
教えてくださった博物館、いいですね~。レトロ具合がちょうど好みで、ここに住みたいぐらいです。

日も長くなってきたので、そろそろ森を越えてお出かけを考えています。早めの時間にこの博物館へ行って、チョコレート工場ではなく、もうちょっと南下する、という手もあるかな、と。ふふふ♪

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。