YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰金の記録を忘れる、たまご丼

アコーディオンのレッスンへ。
今は、ファッシングの時期ということで、
特別にそれらしい曲も練習中。

去年も同じ曲を練習したはずなのに、
1年弾いていないとすっかり弾けなくなっていて、
再度習っているところ。

Rucki Zuckiという、ファッシングパーリーピーポーにはおなじみの曲。
1975年のマインツのSitzung(ホールでのカーニバルパーティ)で、
この曲が歌われた動画が、こちら。


ドイツで車を運転していなかった頃、
家人のもとにしょっちゅうスピード違反の罰金督促状が届くので、
頼むから気をつけて運転してね、と言っていたのが、
それを上回るぐらいの勢いで、私の元にお手紙が届くようになり。

いや、これは大変恥ずかしいことなので、
大いに反省し、また、本当に気をつけているんだけど、
思わぬタイミングで、取締りレーダーの標的になってしまう。

後続の車がいらいらするほどゆっくり運転する義母でも、
このあいだ督促状をもらっていたので、
ネズミ獲りの場所がトリッキーすぎるんじゃないかと。

先日はアウトバーンで、120km/h制限のところ、
15km/hの超過で20ユーロ(約2,400円)の罰金の請求が。
確かに金額的にはさほど痛みはないものの、
いや、でも、これが重なると。

そんな話をアコーディオンの先生にしていたら。

先生は昔の生徒さんのことをよく覚えている。
アコーディオンの腕前はもちろん、
どんな話をしたか、どんなエピソードがあったか、
子どもの生徒の場合は、その親御さんがどんな風だったかとか、
レッスンの合間に、私に聞かせてくれるのだけど。

30年ほど前に習っていた女性の生徒さんのことを思いだしたようで。
警察官だったという、その女性。
オープンで接しやすい性格の人で、
アコーディオンも真面目に練習していたと。

「あなたは、もう少し安全運転を心掛けた方がいいですね」
その人が、ある時、先生に。

先生が何の話かと思っていると、
「罰金を支払った記録が、ずいぶんありましたよ」
偶然なのか、故意になのか、
とにかく先生の名前で残っていた交通違反の記録を見て、
わざわざ忠告してくれたらしい。

今なら個人情報の管理うんぬんで問題になりそうな案件だけど、
当時は、ずいぶん大らかなことになっていたんだろう。
それでも、そんな風に記録を見られ、先生はとてもショックを受けたと。

私だって、勝手に書類を調べられて、
「見ましたよー」なんて言われたら、イヤだ。
相当ムッとしちゃう。

警察だけじゃなくて、役所とか企業とかでも、
昔は情報が人目につきまくりで、漏れまくり。
あ、でも、今だって、同じか。きゃー。

それにしても、着々と、私の黒記録が溜まっていっているのかと、
考えるだけでまた熱が出そう。あーやだ。
自業自得だとわかっていても。

そんな気分を吹き飛ばす、本日昼の粗食。
スーパーに寄るのが面倒で買い物はせず、
家にあった玉ねぎと卵のみで、たまご丼。
コールラビの葉入り味噌汁を添えて。
0902170302.png

んまかった。
で、元気出た。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。