YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車掌さんの親切と、後ろめたさと

ベルギーからドイツに帰る日。
家人の仕事終わりに合わせて、待ち合わせをすることに。

これはいつものことで、私は電車で待ち合わせ場所に向かう。

少し急いでいたのと、あまり注意を払っていなかったのとで、
発車のベルが鳴りだして、慌てて乗り込んだところ、
10分先の駅で降りたかったのに、
次の停車駅が30分先という電車で。

本当はローカル電車に乗らなければならなかったのに、
ICという急行に乗ってしまう。
ICの見かけが、ドイツの短距離列車REによく似ていて。

やっぱりちょっとぼんやりしていたんだろうねー。

車内のモニターに、次の停車駅がリエージュ=ギユマンと出ている。
やれやれ。ずいぶん遠くに行くことになるなあ。
というか、そこまでの切符を持っていない。

しばらくして車掌さんが検察に来たので、
切符を見せて、乗り間違えたことを告げる。

あちゃー、という顔をして、
他のお客さんのところを回ってからまた来るから、と。

数分後、また戻ってきた車掌さん。
近くの空いている席に座って、手持ちの機械でいろいろチェックを始める。
不足金額の計算をしているのか、
私の切符に何やらごにょごにょと書きこんで。

「はい、これ」とまた切符を返してくれて。
見ると、リエージュから私が降りる予定だった駅まで、
何時にどんな電車に乗ればいいかと、到着時間が書いてある。

更に、検札が来た時に見せるための、
特別なチケットも一緒に渡してくれて。
つまり、エクストラ料金は要らない、と。
0402170243.png

うわ、うわわわわわ。
なんて親切なんだ、ベルギー国鉄。

精一杯の気持ちを込めて「どうもありがとう」と言い、
そういえば焦って忘れていたけど、
家人と待ち合わせをしているんだったと思い出す。

電話をすると、通り道だからリエージュで会おう、と家人。
いや、えと、そうすると、あの、
車掌さんの親切を無にすることになるし、
何より、お金を払わずリエージュまで乗ったことになってしまう。

しかし、また待ち合わせ場所に戻るのも時間がもったいない。
非常に複雑な気持ちで、リエージュで電車を降り、
そのまま家人が着くのを待つことに。

こういうときに「へっへっへ、得したぜ」とは全然思えず、
心苦しく後ろめたい気持ちでどんより。
小心者なので。

気晴らしに、駅の周りをうろうろ。
ベルギーのフランス語圏にあるリエージュ。
町の主要駅であるリエージュ=ギユマン駅。
スペインの建築家サンティアゴ・カラトラヴァ設計の、モダンな駅舎。
0402170241.png

この眺めも、いい。
0402170242.png

15分ほどして家人もやって来て。

車の中で、車掌さんの件を家人に話す。
なんかすっきりしない気持ちであることを告げる。

「しかたがありませんね!」

ぽんっと返事が返ってくる。
いや、そうだけど、そんなんだけれど。

楽しいベルギー滞在のあとは、大抵ややブルー。
今回は失敗したのでブルーどころか濃紺。

でも、実はドイツで楽しい予定が入っていて、
すぐに回復、というか、気持ちを切り替えることができ。
今は楽しい気分持続中。
いろいろ刺激があって、すっかり前向き。
ふふふーん、と鼻歌も出ちゃう。

ちょっとお調子者すぎるかしら。どうかしら。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

 

  • こうめのおねーさん 
  • URL 
  • at 2017.02.04 15:23 
  • [編集]
車掌さん、ありがたいですね
リエージュまで乗って待ち合わせ、と閃くいぷしろんさんもステキです!!
私はたまに反対方向の電車に乗ります、えへへ

カラトラヴァ、私の大好きなデザイナーです
彼の描く絶妙なカーブが大好きです♡

NoTitle 

  • akn 
  • URL 
  • at 2017.02.04 15:24 
  • [編集]
ベルギー国鉄親切ですね!
DBだったらなんかかんか言って、罰金払わせようとしますよね"(-""-)"
爪の垢を煎じて飲ませたい!

こうめのおねーさんさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.02.05 11:37 
  • [編集]
反対方向の電車、私もたまにあります。電車が動き出して気づくんですけど、むなしい気持ちになりますね(笑)

カラトラヴァがお好きでいらしたとは!
古い駅舎も味わいがあって好きですが、巨大なアート作品ともいえるような建造物も魅力的ですよね。おっしゃるように「カーブ」がいいです!見ていて飽きない不思議なリズムを感じます^^

aknさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.02.05 11:45 
  • [編集]
ドイツからベルギーに行くと、人の親切さとか愛想の良さとかをしみじみ感じます(笑)。
この車掌さんのような寛大な処置がベルギー国鉄のスタンダードなのかどうかはわかりませんが、それでもドイツでは考えられない、ですよね~。
よーく考えてみても、DBにいい思い出って、ないですー。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。