YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぶんストレス、きっとストレス

月曜日の夜、用事を済ませて家に戻ると、
すでに帰宅していた家人が、
改築現場でバスルームの寸法を測りたいから、
ちょっと手伝ってほしいと。

そのまま家人の車に乗り込み、3分とかからず現場へ。

バスルームといっても、まだこんな風。
0102170255.png

こっちのバスタブでよくあるのは、
床にでっかいボウルを置いたようなタイプ。
モダンでかっこいいけれど、
どっこらしょと跨いで入らねばならず、
この先、足腰が弱った時にきっと大変。
0102170256.png

だから、半分ぐらい床に埋めた感じにして、
バリアフリーな感じにしたいんだけど、
まだまだバスタブを決める段階ではなく。

さて。
以前の家で使っていた大きな木製のドアがあって。
それを何かに活用しようと思い、
大事にとっておけ、と家人に命じてあったのが。

つい最近まで壁に立てかけてあったのに、
この日は見当たらず。

家人に訊くと、何やらごにょごにょ。
「どこに置いたかな」
「前使っていた窓はガレージに置きました」
「今度ゆっくり探しましょう」

怪しい。
明らかに、狼狽している。

「もしかして、壊したの」
「・・・」
「『はい』か『いいえ』か、どっち」
「はい・・・かな」

大体あんたは、人の言うことを真剣に受け止めていない。
私が大切に思っていたドアを壊したということは、
私の心を壊したのと同じことだ。

寒い中、家人に説教を。

ドアがなくなって悲しいというより、
私の思いがないがしろにされたことが不満。

冷静状態で一夜明け、
午前中は家で仕事をしていた家人と一緒にベルギーへ。

「ベルギーに来ると、旅行の気持ちもらいますね」
「明日はどんな予定ですか。よく遊んでね」
私の機嫌をとろうとして、うるさい。

さらには、イタリアンレストランで魚介を食べたらどうかと。
そんなん、自分がピザを食べたいだけじゃん。

Best pizza in townと看板に書かれた店の前で、
「すごくいい匂いします」と言い、さっさと入って行き。
ほらー、結局自分本位なんだよ。むきー。

家人はいつも同じ、サラミのピザを、
私は小魚のフライと、イカのスパゲティクリームソース。

これ、小鯵っぽい。いいツマミ。
0102170257.png

いつ茹でたかわからないようなスパゲティだけど、
イカはおいしい。
0102170358.png

が、しかし。

やっぱり、そんなに気持ちがすっきりしない。
改築ストレスが溜まりに溜まってるのかも。

束の間ベルギーでのびのびして、
いろんなこと、忘れよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。