YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの6歳児との、わりと密な2日間

義弟の嫁の誕生日。
前日から何かと準備があるからと、
息子を一晩預かるよう頼まれ。

前回うちに泊まりに来たのが夏休みだから、
ずいぶん久しぶり。

夜7時にやってきて、まずは一緒に夕食を。
子供の常で好き嫌いが多く、
プレッツェルとLyonerと呼ばれるハムを数枚。

夜8時半にはもう「一緒に寝よう」と誘われ(笑)。

私に読んでもらおうと思って持ってきたという、
なぜか季節外れのクリスマスの本を読み聞かせる。
2901170124.png

30分ほどで寝息が聞こえ、そのまま私もぐーすか。

朝、起きた気配がするので、寝たふりをしていると、
掛布団をはがして、シーツを撫でているようで。

そうなのだ。前回泊まった時は、失敗しちゃったからね。

そのまま、だだだっとバスルームに駆けて行ったので、
私も起きて、彼のシーツを確認。

いやー、大丈夫。なんともない。よかったよかった。
部屋に戻ってきた彼も、安心した顔で「濡れてないでしょ」と。

朝食。
昨夜食べたLyonerを出すと、
「僕は、朝と昼はハムを食べないんだ」と言い。
ええーっ、どんなポリシーかいな。

食後、本の続きを読んでくれと言われ、また読み聞かせ。
ところが、今読んだところを要約してみて、とか、
日本語で読んでみて、とか、ムチャぶりが。

人には散々「自分の言葉で要約しなさい」なんて言ってきたけど、
おら、でぎね。わがんね。
自分のドイツ語力が小学生レベルにも満たない、と思い知る。

昼前に義弟の嫁が迎えに来て、一旦お別れ。

そして、夕方。義弟の嫁の誕生会へ。
義弟が購入してうちに預けていったプレゼントを抱えて出かける。
巨大まんまるクッション。
2901170125.png

義弟の嫁にプレゼントを渡すと、「ああ!これね」と。
「この間、これを買いに行ってくれてたのねー」
と言いながら義弟に抱きつき、チューなどしている。
えーと、あのー、我々の立場は。

夕食のあとは、甥っ子に部屋に来るよう誘われ。
最近模様替えをして、グリーン系になった部屋。
2901170127.png

散らかってますなあ。
うちがこんなんじゃなくて、よかった(笑)。
2901170126.png

男の子の憧れ、海賊グッズ、いろいろ。
2901170128.png

ぬり絵をしたり、折り紙をしたり、凧を作ったりして、
パーティそっちのけで、楽しく遊ぶ。

そのうち、義弟の嫁の従姉や、友人たちが
それぞれ息子を伴ってやってきて。
初めて会った時は子ども子どもしていた息子たち。
今は、14才と16才。
声も低くなって、すっかり大人。
ドイツの男の子って、おじさん化が早くないですか?

だから、だからですよ。

甥っ子がおじさんになるまでに、あと数年。
せいぜい仲良くべたべたして、
この無邪気さ、愛らしさを心にしっかり留めておくのだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報

関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。