YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回シュニッツェル大会、開催

義母は、シュニッツェルが好き。
一緒にちょっとお高めのレストランへ行っても、
「ここのシュニッツェルを食べてみよう」と、
こじゃれた名前のついた料理には目もくれず、
お値段控えめなシュニッツェルを注文する。

その血を引く家人も、やはりシュニッツェルが好物で。
でも、最近どこのレストランで食べても満足しない、と。

それを聞いた友人が、おすすめの店があるから、
みんなで食べに行こうと計画をし。

女子2名男子3名で、
シュニッツェル大会を催すことに。
肉ばっかり食べてて恐縮です。

うちから車で20分ほどの町に、18時に集合。
家人も普通は19時半ごろ帰ってくるのに、
今日は前日から楽しみにしていて、
17時半には家に到着。

金曜日の夜ということもあってか、
庶民的な雰囲気のその店は、
シュタムティッシュのおじさんたちや家族連れで大賑わい。

この写真だけ見ると、静かで落ち着いているように見えるけど、
いやいや全然。
2101170151.png

さて、シュニッツェル。

種類が多くて迷いに迷って、
Tiroler Schnitzel(チロル風シュニッツェル)にする。
Schweinekamm(豚肩ロース)使用とメニューに書いてあり、
それが決め手となり。

それぞれ、注文すべき品を決め、
ビールを飲みながら待つことしばし。

来た。
想像以上に量が多い。
前菜にサラダを頼んだのはちょっと失敗だったか。
2101170148.png

家人は、一番シンプルな、Wiener Schnitzel。
ウィーン風の仔牛のシュニッツェル。
つけあわせはフライドポテト。
2101170147.png

友人1が頼んだもの。
2101170145.png

マッシュルームのソースがたっぷりかかった、
Jägerschnitzel(猟師風シュニッツェル)。
つけあわせは、クロケット。
マッシュポテトを揚げたもの。
2101170146.png

友人2は、コルドンブルーを。
メニューにklein(小)とgross(大)の2種類書いてあり、
小では少ないかもと、大を注文した結果。
2101170150.png

これは、日本で言うところの、超特大。
中にチーズとハムがはさんであって、
厚みは3センチぐらい。

友人3は、Allgäuer Schnitzel(アルゴイ風シュニッツェル)。
アルゴイというのは、ドイツの南の真ん中あたりの、
オーストリアと国境を接する地域。
鉄のフライパンに盛られて登場。
2101170149.png

ソースはちょっと酸味があって、
つけあわせのシュペッツレにはチーズがたっぷりと。

肉屋さん併設のレストランで、肉の味は申し分なし。
私は玉ねぎとベーコンをちょっと残してしまったけれど、
ドイツ人4人は、ぺろりと完食。お見事。
2101170152.png

正直、私にはちょっとソースの塩味が強かったかな。
家人はあとでこっそり「そんなに特別ではありませんでした」と。
でもまあ、家人の味覚の基準は「ママの味」だからなあ。
ママの味に近ければ高評価、なんだよね。

そういうわけなので、
おいしいシュニッツェルを求めて、
また大会が開かれるかも。
・・・今年は、もういいかな(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • Nao 
  • URL 
  • at 2017.01.22 14:59 
  • [編集]
いやいや、今年始まったとこですやーん!まだまだ(笑。

Naoさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2017.01.23 10:51 
  • [編集]
確かに、あれから数日たった今となっては、また大会を開いてもいいような気になってます。ぶはは。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。