YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酉年にちなんで、「ニワトリ」雑貨を飾る

平成何年だったかとか、ついつい忘れがち。
西暦の下2桁に12を加えた年、と覚え、
いちいち計算している。

昭和の場合は、昭和の年数に25を足すと、
西暦の下2桁になる。
そう覚えていて。

でも、平成は30年までという話があるらしく。

極端に数字に弱い私。
今から緊張しちゃう。

同様に、年賀状を書かなくなってから干支も怪しくなっており。

去年はサルの置物を飾って、
そのおかげでちゃんと覚えることができ。
ふむ、その手があったかと、今年も「トリ」グッズを出そうと。

ちゃんとした干支の置物はないので、
まずは、大事にしている動物フィギュアの箱の中を探す。

英国はBritain社のニワトリ。
1201170232.png

でも、うーん、ちょっとニワトリ感が薄い気も。

次に、おそらくBritain社のファームシリーズのコピー品。
香港製。
色が剥げてしまっているので、トサカぐらいは赤く塗り直すべきか。
1201170231.png

もう1つある。
西ドイツ製で、作りは粗雑ながら、
酉年のニワトリに一番ふさわしいフォルム。
1201170233.png

並べて飾ってみる。
1201170234.png

あ、だめだ。
こんなレイアウトじゃ、干支の雰囲気ゼロ。

といっても、和のトリはドイツの我が家にはない。

鶏はOstern(イースター)の飾りで用いられるアイテムなので、
こちらでは鶏グッズはよく見かける。
でも、それを飾ってしまうと、イースター色が強くなるからなあ。

そういえば、こんなのも。
1201170235.png

ホーローのMilchkanne(ミルク缶)。
もともとは、たぶん蓋がついていたのではないかと。
ポーランド製。
50セントぐらいだった筈。
安くなかったら買ってない(笑)。

いや、やっぱりこれ、イースターの時に出した方がなじむような。

今年は、安くて古くて、
私好みの微妙にかわいくないニワトリを探す年にしてみるとか。
12年後のためにね。

よし。
これだけニワトリグッズについて書いておけば、
年末までちゃんと、今年が酉年だと覚えていられるかも。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。