YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時節柄そろそろ、仮装の準備を

次の行事は、カーニバル。

1月から2月初めにかけて、誕生会の予定が3つ。
そして2月末には、Fastnacht(ファスナハト)。

今年は、2月23日がschmotziger Donnerstag。
各地でパレードが行われるRosenmontagは27日。
去年が2月8日だったから、2週間半遅い。
おかげで誕生日会ラッシュと重ならず、気持ちに余裕が。

しかも去年は、2年に1度の「女性だけのカーニバルパーティ」が開かれ、
いつものカーニバルパーティと合わせて2回も参加。
別に参加義務があるわけじゃないけど、
お祭り好きの血が騒ぐのでついつい出かけ。

あげく、うわ、もう、全然ゆっくりできる時間がないー、
とストレスフルな日々を自ら呼び寄せ。

バカだ。

バカなので、今年もまたカーニバルへ。
そろそろ村の広報誌に、日時の案内が載る頃かと。

年明け早々、郵便受けに入っていた大量のチラシの中に、
隣村のおもちゃ屋の広告が。
これが、ファスナハトコスチューム特集で。

うちの村で開かれるパーティには、いつもMotto(テーマ)があり、
それに沿った仮装で行くのが習慣。
義母のように、何十年間分の仮装を保管していて、
そこかテーマに合うものを選ぶ場合もあれば、
友達グループでお揃いの衣装を手作りする人もいる。

私は、日本で外国人相手の商売(笑)をしている頃に、
割と仮装する機会があって、
その頃に買い集めた衣類やグッズを利用。
こんなに役に立つとはね。

そして、手っ取り早く仮装をするのには、
店で一式揃えるのが便利。

一家全員で動物に扮したい場合には、こちらを。
サファリ、北・南極、牧草地など、居住区ごとに。
0901170138.png

こちらは、ウエスタン、カリブ、古代ローマ・ギリシャ。
欧米の時代劇でおなじみの扮装。
しかし、ネイティブインディアンに扮するのは、
アメリカなんかだと社会的に好まれないような気がする。
ドイツはその点、無頓着。
0901170139.png

メルヘンの世界へようこそ。
ドラゴンや人魚、赤ずきんや妖精、プリンセス。
そして、ニンジャもこの枠に。
0901170140.png

なんとなくニンジャもどきではあるけど、
このぐらいでちょうどいい気もする。
あまり本格的な仮装をすると、意外とみんな引く。
本気の姿勢で臨みつつ、仮装はユルく、というのがいい。

このへんになってくると、いかにも「コスプレ」。
0901170141.png

ネオンやキラキラ、派手派手なクマとネズミ。
0901170142.png

ホラー系、そして、ウッドストック。
私、これがいいな。
能天気でバカっぽいLOVE&PEACEな70年代風。
0901170143.png

定番の長靴下のピッピや、わかりやすいスターウォーズ、
あとはバラエティ系。
こう見ると、ハロウィンだか何だかもうよくわからない。
でも、全然別の、伝統的なお祭り騒ぎ。
0901170144.png

羽目を外してもいい、貴重な無礼講の機会。
うん、やっぱり今年も行かないと。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。