YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーのビニール袋を何とかしたい、第2弾

スーパーで量り売りの野菜や果物を、
備え付けの薄いビニール袋を使わずに買えたらと、
中身が透けて見える布袋を作った話は、
以前、→こちらに書いた通りで。

おかげで、確かにビニール袋が増えなくなった。
これは便利かもと、チュールやオーガンジーを安く買い込んで、
新たにまた作ろうと思っているのだけど。

実は我が家には、溜め込み体質の私が、
捨てずにストックしていたビニール袋もあったりする。
どれも、ほぼほぼ新品同様。
何とかした方がいいんじゃないか。

ビニール袋だって、布袋ほどではないにせよ、
何度も再利用することができる。
ただ、スーパーで値段のシール(Klebezettel, Klebeetikett)を貼ってしまうと、
これがしっかりくっついてきれいに剥がせない。
シールが残っていると、もう「ゴミ」感満載。

そこで、値段シール用のタグを作成しようと。

うちに、テーブルクロスにするために買った、
撥水加工がされた布が余っていて。
それを適当な大きさに切って、
糸を通して、できあがり。
2412160206.png

早速、スーパーへ買い物に。

ビニール袋の取っ手部分に通して、
値段のシールを貼ってみる。
粘着力もありつつ、剥がすのも楽。

村のスーパーでも、大きなスーパー2軒でも、
レジの人は、一瞬「ん?」という反応をしつつも、
特に何か言うこともなく、普通にスキャン。

これなら、ビニール袋が汚れたり破れたりするまで、
何度でも使えてしまう。
しばらく布袋を縫わなくても済みそうだ。
2412160205.png

家人は、どこに触れたかわからない再利用されたビニール袋を、
スーパーのはかり(Waage)に載せるのは衛生的にどうか、と言う。

例えば、肉屋やスーパーの肉売り場では、
家から持って行った容器に肉を入れるのを拒否する場合がある。
それと同様に、一応、いつも新しい容器や袋を使った方がいいのではと。

え。
あんた、そんな神経質な人じゃないでしょ。

まあ、家人自身の感覚ではなく、
気になる人もいるんじゃないか、という話だったんだけど。

いや、そもそも、そんなに汚れたビニール袋は最初から使わない。

スーパーのはかりの上に、じかに野菜や果物を載せる場合だってあるし、
はかりの台が常に清潔かといったら、そうでもないような気もするし、
品物を入れるスーパーのかごやカートだって、いちいち消毒しないだろうし、
レジのベルトコンベアも同様で。

それじゃ、布袋をはかりに載せるのもよくないのかしらん。
このままビニール袋の消費が増え続けることの方がよくない気がするけど。

あくまで自己責任で、ということで。
布袋と値札シール用タグ、使い続けてみるつもり。




ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • きゃすぴえ 
  • URL 
  • at 2016.12.24 12:44 
  • [編集]
野菜の量り売り用の小袋、私も作ってみよう!と以前のYさんのエントリーを見て思ったんですが、やっぱり日常の細々にかまけて、面倒で先延ばしに、、、。で、現在の私の対応としましては、ナスとかパプリカみたいなゴロゴロっとしたものは袋に入れない(秤に一緒にゴロンゴロンと乗っけてもらう)袋に入れたい野菜(さやいんげんとかブロッコリとか)は使い回しのビニール袋で、、、
袋の使い回し、ぬるぬるとした汚れとか、土とか、そう言うのがついちゃったら流石にしませんけど、それ以外なら私は平気だと思いますよ。ちょっと雑菌がつくとか、そう言うのはあるかもしれませんけど、よっぽど汚いところに置いたりせず常識的に扱う範囲内だったら、Yさんが仰る通り、ビニール袋以外でも感染源はありますし。
E-coliみたいな菌以外だったら元々の体の抵抗力で何とかなってもらいたいとも思います。あんまり繊細な体にはしたくないなあと。
でも、いつの日か、野菜袋の代わりになる薄手の布袋は作りたいと今でも思ってるんですよ!笑

生ごみの出し方。 

今年も毎日楽しませていただきました。
今年はお母様の手術、入院に何度も日本に帰られてお母様はご自分の体に不安も有ったでしょうが娘に帰ってもらえてかえって喜ばれたのでは?
どうぞ充分回復なさるように祈っています。
さて、今日のお話のスーパーのビニル袋、再利用のためのタグ作り、頭が下がりました。ドイツは早くからそういう意識が高い国じゃないでしょうか?そうでなくてもY様は基本的にそういう考え方をお持ちの方のような。。、日本では大体、スーパーの袋は市のゴミ出しに使っています。燃やしてもガスが出にくい袋のようです。だから買い物は日本でも大体エコ袋を持参して買い物しますが店により(デパートとかホームセンター)ビニル袋に入れてくれます。そういうのをゴミ出しに使っています。ドイツでは生ごみはどうやって出すのですか?袋に入れないで直、ゴミ袋に?ちょっと尋ねてみたくなりました。

きゃすぴえさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.12.25 10:59 
  • [編集]
そうですね。私もとにかく新しいビニール袋は使わない、という方向で、更にできれば労力とか別のエネルギーもさほど使わずになんとかしたい、と。なのでタグを使うのは意外に便利だなあと気に入っています。
そして、雑菌問題については私も全く同感です^^。体質や体調にもよるとは思いますが、過敏になりすぎると逆に体が弱っちゃいそうで・・・。常識の範囲内での使い回しなら大丈夫そうですよね^^

使い回せるビニール袋がなくなったら、また布袋製作にとりかかるつもりです。でも、ビニール袋がなかなか長持ちするので、しばらく先になるかもです(笑)

K.N.さん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.12.25 11:30 
  • [編集]
こんにちは!
今年も読んでいただいて、ありがとうございます。
実家の母も日増しに元気になっているようでほっとしています^^

再利用に関してドイツでいいなあと思うのは、空のペットボトルやビール瓶などを返却するとお金が返ってくるシステムです。そういう環境にあると、やはり日本にいる時よりは気をつけるようになっているかもしれません。あとは日本よりゴミの分別がわかりやすい気もします。実家がある地域では「プラスティック容器は、汚れていたら生ごみ扱い」というような納得のいかない暗黙のルール(?)が色々ありました。
ドイツの生ごみの出し方は、地域によって差があるのかもしれませんが、うちの村ではこんな感じというのをいつか記事にしてみたいと思います!生ごみ専用のかわいい(?)紙袋があるんですよ^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。