YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人3人のiroiroな作品展、開催中

家人の誕生日の翌日は、
Leuven市で友だちと町をぐるぐる。
その後は、私と家人、友だち夫妻、
もう一人、ことしの6月に我が家にも来ていたドルジが現在Leuven滞在中で、
5人で夕食を。

前日のことがあるので、元Leuven市民の友だちが、
ここなら大丈夫でしょ、と勧めてくれた店へ。

「何でも食べられます」と胸を張って言う割に舌の許容範囲が狭い家人が、
ベルギーに来ると、かなりの割合で注文する料理Stoofvlees(ストーフレース)。
牛肉の赤ワイン煮。

この日は家人も含め3人が、ストーフレースを注文。
前日ろくに食べられなかった家人、「おいしい、おいしい」とパクつく。

私はアンコウのグリル、ポレンタのガレット添え。
0412160215.png
http://www.gainsbourg.be/

アンコウはドイツ語でSeeteufel。Teufelは悪魔のこと。
オランダ語ではZeeduivelといい、
Teufelだとピンとこないけど、DuivelだとDevilに近くなる。
同じルーツを持つ言語だというのがはっきりして面白い。

ちなみに食後は、雪辱を果たすべく再びティラミスを所望した家人。
こちらも大満足とのことで、何より。

翌日。

ただ今ブリュッセルの美容室Jauneにて、日本人3人の手作り作品展開催中。
これをぜひ見に行きたいと。

今年の2月に私も作品制作現場にお邪魔したのだけど、
その時にそのお三方が作っていた人形も完成していて。

Atsuko McCallumさんの人形とカルトナージュ作品。
0412160216.png

Akiko Kawamuraさんのバッグ。
0412160217.png

Misao Iwamotoさんの人形とフェルト作品。
0412160218.png

他にも、様々な作品が並んでいるけど、
販売もしているので早めに行かないとなくなってしまうかも。

この1か月、ミシンも使っていないし、
フェルトをちくちくするのも、毛糸でぐるぐる編むのも、
とんとご無沙汰で。
見てたらまた色々作りたくなってきた。

o0348049113809159028.jpg
『三人展iroiro』
場所:Salon Jaune
31,Rue Lesbroussart 1050 Bruxelles
12月11日まで。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。