YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みそカツ定食と、あん食パン

父と朝食、洗濯、掃除、父と病院へ、一旦帰宅、
父と昼食、父と病院へ、父と買い物、帰宅、父と夕食。

母が入院してから、ずっとこの生活パターン。
たまにはひとりで出かけたいと思いつつ、
期間限定のことだからと、おとなしくしている。

父は朝、私のために紅茶を入れてくれるようになり、
ついでにパンを焼いて、バターまで塗ってくれて。

うちには週に何度か魚屋さんが来て、
おすすめの刺身や鮮魚を買うのだけれど、
先日は初めて父が「ヒラメの刺身」を購入。
夕食時には自ら刺身包丁を握り、薄切りに挑戦。

これは、もしや、主夫業に目覚めつつあるのかも。
だとしたら、いい兆し。

ということで、私もずいぶん気が楽になり。

一方、母はまだちょっと心配なことがあって、
様子をみているところで。

さて、そんな日々の楽しみといえば、
食べること。

病院の中にあるレストランがなかなかおいしく。
先日は、みそカツ定食を。

みそカツなんて上品な感じがしないし、
もともとそんなに好きではなく、
ほとんど食べたことがなかったのだけど。

そもそも、地元で「みそカツ大好き」という人に会ったことがない。
名物というのは、往々にしてそういうものか。

しかし、昨今、全国的に知られるようになったらしく、
なんとなく食べておかなければならないような気がして。
逆輸入のような形で食べてみる。
00711161533.png

帰省するたびに会う叔母が、今回も母のお見舞いに来てくれて。
手土産に持って来てくれたのが、あん食パン。
0711161531.png

小倉トーストというものがあり、
地元の喫茶店の定番メニューではあるけれど、
これまたそんなに食べたことがない。

しかし、この、あんこがマーブル状に練り込まれた食パンを、
トーストにしてバターを塗って食べたら、
なんだかやみつきになるおいしさで。
どーしよ。ドイツに持って帰っちゃおうかな。

今回は、基本的には家で食事。
外食も、病院のレストランか、
スーパー内のフードコートや喫茶店。
それでも、おいしいものばかり食べていて、
いちいち感激しているんだけど。

そういえば。

セルフサービスのお店で渡される呼び出しシステムも、
ドイツではなじみがないので面白い。
しかも、こんな文言が書いてある。
0711161532.png

Always customer first!
システムより、まず、この概念をドイツへ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。