YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

チャリティウォークに、参加する

まずは、Linda Norglove(リンダ・ノーグローブ)さんのことを少し。

スコットランド生まれのリンダさんは、
環境政策や国際開発の専門家であり、
WWFや国連のスタッフとして、
ペルー、メキシコ、ウガンダ、ラオスで働いていた。

2010年2月からアフガニスタンで支援活動を始めたところ、
9月にアフガニスタン人同僚3人と共に武装勢力に誘拐され、
10月8日、米軍による救出作戦のさなかに被弾し、
36年という短い生涯を終えた。
参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Death_of_Linda_Norgrove

リンダさんの両親は彼女の遺志をついで、基金を設立。
http://www.lindanorgrovefoundation.org/
さまざまなイベントを通して寄付を募り、
アフガニスタンの子どもや青少年、女性を支援している。

リンダさんが亡くなった10月には、
彼女に関わりのある人がオーガナイズして、
毎年各地でチャリティイベントが。

最近お友達になった日本人の方が、
ラオスでリンダさんとルームシェアをしていた縁で、
10キロのチャリティウォークを企画され。
それに誘っていただいた、という訳で。

家人は何しろ体調が今ひとつで、
それでもCT検査で特に問題なしという結果だったので、
「運動するはいいです。歩きましょう」と言い、
直前に「参加しまーす」と手を挙げて。

集合場所は、フランスとの国境沿いの町Kehl(ケール)にある、
ライン川にかかる歩道橋Passerelle des Deux Rivesのたもと。
この「2つの岸を結ぶ橋」は、
2009年のNATO開催時に、
オバマ大統領やメルケル首相らがケールからストラスブールへと、
歩いて渡ったというので有名な橋。
0510160238.png

ここから、南に向かって、ライン川沿いを歩く。

うちのあたりのライン川沿いと違って、
道がちゃんと舗装され、
目を楽しませるオブジェが点在。
0510160239.png

0510160240.png

家人がすごく気に入っていた、
テーブルのようなベンチのような。
0510160241.png

この感じは、私がよく知っている、ライン川の堤防。
0510160242.png

5キロ歩いて折り返し。
ちょっと日も傾いてきて。

ゴール間近。
0510160243.png

10キロの距離を無事歩き、軽い疲労感が気持ちいい。
0510160244.png

こうして歩くことが、
世界で起きる納得いかない様々な事件や、
政情が不安定な地域のことや、
不自由な暮らしを強いられている人のことを、
思い出したり考えたりするきっかけになるし、
リンダさんのことを忘れないでいる人たちがいることは、
ご両親の支えになることと思う。

穏やかな、いい1日だった。
こんな日が、明日もあさっても、ずっと。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼