YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人に、お餅やクマの話をすると

日本の食べ物が好きなドイツ人に、
羽二重餅をふるまっていた時のこと。

餅を食べるのは初めてと言い、
でも、甘くておいしいと好評で。

「一緒にお餅が食べられて、嬉しいな。
うちのオットは全然食べないから」
「なぜ?」
「うーん、口の中でべたべたする感じがキライらしい」
「ああ、それはわかるけど、でもおいしいよ」
「飲みこむタイミングがわからないんだって」
「ははは」

明るく楽しく、会話が続き。

「日本ではお正月に餅を食べる習慣があるんだけどさ」
思い出して、話を続ける。

「毎年、人が亡くなる事故が起きていてね」

ドイツ人の眉間に皺が寄る。
「・・・それは、食中毒?」
「いや、あの、飲みこむときに喉に詰まって・・・」

その後は、「信じられない」「そんな危険な食べ物だったのか」
「法律で規制しないのか」「なぜ事故が防げないのか」
餅に対するイメージが、すっかりネガティブなものに。

確かに去年だったか、3が日の間に9人の方が亡くなり、
CNNのニュースでも取り上げられ、
それがドイツでも報道されていたような気がする。
Neujahrkiller(New Year Killer)と、ありがたくない名前がついて。

話は変わって。

ドイツ人と雑談中に、熊の話になり。
その人は北海道にクマ牧場があるというのを知っていて、
機会があったら行ってみたいものだ、とおっしゃり。

クマと言えば、と、また私が思い出して。

「少し前に日本で、山でタケノコを採っていた人が、
4人も亡くなっているのが見つかって、
それが、熊の仕業だったらしいんです」

またしても、さっとドイツ人の表情が強張る。
口に手をあてて、目を見開いている。

しまった。
何で私は、こういう方向に話を持って行ってしまうのか。

いや、あの、えーと。

「・・・その熊って、茶色い熊?それとも黒い熊?」

え?
そこが、気になる?

えーと、体長が1メートル30センチほどだったらしい、と言うと、
「ははーん、じゃ、黒い熊だ」と頷いておられる。

「で、その、山に入って何か採る時は、有料なの?」

それは、ちょっとわからないけど、たぶん、無料なのかなあ。
だからいろんな人が山に入っていくんだと思う。

ていうかさ、なんで、そこなのよ。質問のポイント。

0308160250.png
英国ブリテン社の熊のフィギュアとHARIBOの販促品ドミノゲーム

このように、往々にして、
話が思わぬ方向に展開していくことが。
話題の持って行き方が良くないのか、
私のドイツ語力のせいなのか、
文化背景の違いなのか。
それとも、私がおちょくられているのか。

日本人同士だってこういうことはあるけれど、
日本だったら「天然」とか「空気が読めない」と指摘されるような反応が、
ドイツでは、至極当たり前に返ってくる。

ということは、こういうのは普通の会話なんだから、
全く気にすることはないってことか。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • きゃすぴえ 
  • URL 
  • at 2016.08.03 22:51 
  • [編集]
Yさんこんにちは。

餅って意外にも西洋人(というか日本人以外すべてなのかな)には受けませんよね。私もついつい、正月の餅による死亡事故の話、してしまいますよ。笑
あと、こんにゃくを出した時には必ずこんにゃく爆弾の話も。そういう話をしても大丈夫な相手を選んでいるというか、寿司を乗り越えて本格的で怪しい日本の食べ物に挑戦したい(させたい)と思える間柄の人にしかしませんけれど。

クマの話の展開は、彼らは結局何か結論に至ったのでしょうか?

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2016.08.04 07:11 
  • [編集]
なんとなく分かります。その、「え?そこに反応??」というドイツ人の興味の付け所!
それと、限りなく危険を回避しようとする姿勢。

その度に、日本ってのんびり暮らしてるよなぁと改めて思います。

あと、私も日本に帰ると、街中にスズメの大群とか団地のセミとか、動物の多さにびっくりしますもん。そこを観光の売りにすると良いかもと思ったり。あ、減るかもしれませんね、、。

きゃすぴえさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.08.04 09:54 
  • [編集]
羽二重餅は、ドイツの子どもたち(ただし日本が好きな)にも受けがよかったです。一口サイズということもあって食べやすかったみたいです。切り餅とかはどうでしょう。一度食べさせたいと思っていますが・・・。
こんにゃく爆弾って、戦争中のですか?私、まだドイツ人にこんにゃく料理をふるまったことがないんです。こんにゃくを食べさせることのできる相手なら爆弾の話もできそうですよね^^

クマの話は、私が半ば強引に「だから、熊が人を襲って」と本題に戻そうとしたのですが、「場所はどこだ」と言うので、日本地図を描いて説明する羽目になり・・・。長野はどこだ、とか、なんか地理の話で終わりました(笑)。
単に「ひえー、それは怖い!」と反応してくれればこちらの気が済んだんですけど。消化不良です~。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.08.04 10:05 
  • [編集]
危険回避しますよね~。石橋を叩いて渡る、じゃなくて、石橋を叩いてもみない。渡らない。
好奇心旺盛な人は多いような気はしますが、安全な範囲でのみ行動するというか・・・。

日本はドイツの田舎とは違う種類の動物が多いですね!
日本に行ったドイツ人が「カラスが大きくてびっくりした」と言ってました。猿に注意、なんてのもドイツにはないですし。
最近は普通の観光では飽き足らなくなった旅行者が多いそうなので、「夏限定、昆虫採集ツアー」とか「都会でバードウォッチング」なんて企画、確かにいいかもしれませんよー^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。