YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのスーパーで、薄焼き煎餅を買う

ポルトガルの優勝で終わった、サッカー欧州選手権。
この時期、サッカー観戦のお供にと、
村のスーパーではポテトチップスなどの、
おつまみ商戦が繰り広げられ。

期間限定などの、普段見かけないスナックが並ぶ中、
お?おおお?
これって、おせんべいじゃないの?
というものを発見。

おせんべい、って書くのは何かまだるっこしい。
でも、「おせんべ」じゃ、舌ったらずな感じもするし、
「せんべい」じゃ、ぶっきらぼうすぎる。

そんなことはともかく。

Rice Crackersの塩味、黒コショウ味、パプリカ味、
3種類を買ってみる。
1707160403.png

アラレはドイツのスーパーでもおなじみだけど、
お煎餅は初めて見たかも。

Nature Innovation Internationalという会社の製品。

会社の住所はベルギーになっているけど、
もともとはアルザスで起業されたようで。
サイトには、近々、日本でも、
ここの製品が手に入るようなことが書いてある。

袋の表示をよーく見てみると、タイ製で、
使用している米粉の85%はタイ米らしい。

しかし、パッケージの裏には、
仏、伊、スロべニア、蘭、ノルウェー、英、独、
デンマーク、スウェーデンの各言語での表示があり、
ヨーロッパに広く出回っている商品なのかと。

パプリカ味があるのが、いかにもヨーロッパっぽい。
でも、塩味、これ、ほんとに薄焼きせんべいの味で、
止まらなくなるぐらい、おいしくて。
薄さも香ばしさも固さも私好み。
1707160404.png

もっと買っておこうと、数日後にもスーパーへ。
でも、残念ながら、売れたのか撤収されたのか、
もう見当たらなくて。
ざーんねん。

我が村のスーパーにも、
いろんな主義や志向や好みに対応できるよう、
食の多様化の波がちゃんと来ていて。
このお煎餅にもグルテンフリーという売りが。

お煎餅のそういう捉え方も面白いし、
ドイツの食生活のちょっとした変化も垣間見えて楽しい。

うちのドイツ人はあんまりお煎餅好きではないので、
1枚口にして「もう結構です」と言っていたけど、
定期的に我が家にやってくるスナック好きのドイツ人には大好評。
あっという間になくなってしまい。
・・・あ、この人たち、常にお腹を空かせて来る、というのもある。

謎のアジアスナックじゃなくて、
「おいしい」と納得して食べられる製品、
これからもどんどん、ドイツのスーパーに登場する予感。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

ヘルシー 

  • 米子 
  • URL 
  • at 2016.07.18 15:57 
  • [編集]
小麦粉製品より米製品のほうが体に良いようなので
その点で良いと思うんですよね、おせんべい。
揚げせんべいじゃなければ脂肪分もゼロだし。
ドイツ人ってヘルシーなの好きなイメージあるので
もっと人気出て欲しいですね。

米子さん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.07.19 09:57 
  • [編集]
ドイツ人の食生活もずいぶん幅が広がってきている気がします。
まさか、田舎のスーパーでお煎餅に会えるとは・・・。
米製品、ぜひとも人気出て欲しいです!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。