YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『とと姉ちゃん』と、戦争の記録

今年の5月、日本に帰っていた時、
実家の本棚で見つけて、
一冊だけドイツに持ってきた本が。

暮しの手帳社から出版された、
『戦争中の暮しの記録』。
おそらく、祖父の持ち物だったかと。
1607160317.png

『暮しの手帖』という雑誌は、
熱心な読者、というわけではなかったけれど、
実家やバイト先などで目にする機会があり、
料理メインの別冊本は自分でも買ったりしていて。

その暮しの手帖社の元社長と元編集長をモデルに、
今放映中の朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が製作され。
1607160319.png

ドラマの中でも、戦時中の様子が描かれていて、
縫い物好きの食いしん坊としては、
布きれ一枚、野菜の切れ端ひとつも無駄にできない暮らしぶりを見て、
しみじみ、豊かな時代に生きている有難さを感じるわけで。
1607160320.png

ドラマの内容とシンクロするような、
『戦争中の暮しの記録』。
戦いの記録、ではなく、生活の記録。
1607160318.png

戦争反対、と大きな声で唱えるのではなく、
そこにあるのは、淡々とつづられる事実。
具体的なエピソードの一つ一つに心が動く。

戦争体験のない私のような人でも、
考えたらわかることってある。
食べものがなくなったら大変、とか、
買いたいものが買えなくなったらやだなあ、とか、
大切な人が死んじゃったら悲しい、とか、
家がなくなったら、大変、とか、

国と国との争いというレベルの話じゃなくても、
「こういうことをすると困る人がいるな」
「自分や家族がこんな目に遭ったらどうする」
「これを言ったら相手はどう思うか」
ちょっと想像力を働かせれば、
抑止できることが色々あると思うんだけど。

想像力のない人と
結果を想像しない行動が増えている。
だから、「なぜ」と思うような事件が起こる。

この『戦争中の暮しの記録』もそうだし、
全ての悲しいニュースは、
想像力を養う訓練になるんじゃないかなあ。
もう、そういうこと、なしにしようよって、
一人でも多くの人が考えるようになって、
きなくさい出来事、もう終わってよ。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • こうめのおねーさん 
  • URL 
  • at 2016.07.16 23:37 
  • [編集]
私もこの本を持っていますよ~
昨年にふと思い立って中古で購入しました
読むと目に見えない「怖さ」を感じて…

フランスもトルコもビックリでした
日本も思っているほど安全ではないと分かっているつもりで、やっぱり危険の実感がありません

改めて、人って怖いなと思います
最近は自分本位の人も増えてきたように感じます
私のまわりもそう、ちょっと距離をおいています
ふと立ち止まって、相手の話を聞くのって難しいのでしょうかね
色々なことが頭をめぐりますね

メガネと車とスカートは災難でしたね
いぷしろんさんがご無事でよかったです

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2016.07.17 02:36 
  • [編集]
なるほど、想像力ですか。
確かに憎しみによる暗い世界では、想像という行為自体が抑制されているように思います。
多かれ少なかれ、自由な想像を与えられている私達は、その力を育んでいきたいものですね。

素敵な本ですね。是非読んでみたいです。
いなごかぁ。今日も蜂の子を観察していたんだけれど、食欲が出るとは言い難いです。。。

こうめのおねーさんさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.07.17 18:00 
  • [編集]
この本、初版が1968年ですけど、版を重ねて、尚多くの人に読まれていて・・・。それだけの力がある一冊ですよね。
実際に戦争を体験した人から話を聞く機会が減っていく中、本で体験談を読むだけでも、「読んだことも聞いたことも無い人」よりは想像力が働くようになるんじゃないかなあと思いました。
世界各地で繰り返される悲しい事件、その先に何があるんでしょう。
「ふと立ち止まる人」が増えてほしいですよね。

スカートは直して、車はスペアタイヤが入り、メガネは・・・片方の弦だけでかけています。意外に気づかれないものです(笑)

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.07.17 18:54 
  • [編集]
そうですよね。いろいろなことに考えが及んだら行動できなくなりますから、想像力は封印されてしまっているでしょう・・・。想像力さえもコントロールされる社会と同じ土俵で話をするのは難しい。

本当に読み応えがある本です。ロングセラーになっていて、読み継がれていることにも感動します。

イナゴも蜂の子も、食べ物の状態で出ていればおいしくいただくのですが、元気に活動しているお姿を見ると、うーん、確かに難しいものがあります(汗)


中国が怖い 

  • 米子 
  • URL 
  • at 2016.07.18 15:53 
  • [編集]
毎日のように日本の近くにまでやってくる
中国軍の船や戦闘機。
それらに警告するために自衛隊が出動する回数が
ものすごく増えているそうです。
中国が南沙諸島でやっていることも
国際司法の場で違法だと言われたにもかかわらず
やめようとしないですし。
そう遠くない未来に、中国軍が日本を攻撃する日が
来るように思います。
日本は国民を守るためにどう備えたらいいんでしょうね。

米子さん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.07.19 09:49 
  • [編集]
仮に国が国民を守る対策を講じたとしても、
攻撃してくるのは一つの相手じゃないこともありますよね。
攻撃のパターンも変えてくるでしょうし。
結局自分の身は自分で守らなければならないのかなあ、とも思います。
何かあったときに自分がどう行動できるか、どんな態度でいられるのか、考えてしまいます・・・。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。