YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのスーパーで、貝柱の缶詰を買う

大きいスーパーに行くのは楽しいけれど、
カゴに入れ忘れたものに気づくと、
ずいぶん歩いて戻らなければならなかったりして、
面倒っちゃ面倒。

しかし、それでも、何か変わったもの、
おいしそうなものが見つかるんじゃないかと、
期待してスーパーへ行ってしまう。

手っ取り早い消費行動で、
ちょっとしたストレス解消もできるし。

ほら、なんか、お金を使うとすっきりすることが。
スーパーの商品のように、値段が手ごろな物を買うだけで、
「いやー、お金を使ったぞ」という、
謎の満足感が得られるという。

そういうこと、ないでしょうか。

さて。

地の利を生かして、
時間に余裕があれば、
フランスのスーパーへ買い物に行くことも。

うちからだと、Super UとE.Leclercという、
スーパーというよりは、ハイパー、
フランス語でいうところのHypermarchéが便利な場所にあり。

まあ、ほとんどの商品は、
ドイツでも手に入る。
でも、目を皿のようにして棚を隈なく眺めていると、
普段ドイツのスーパーでは見かけないものがあったりする。

最近見つけたのは、貝柱の缶詰。
1806160235.png

St.Jacques、ドイツ語ではJakobsmuschelで、
日本語だとホタテガイ。
・・・なんだと思っていたら、
同じイタヤガイ類ではあるけど、別の種類らしい。

うーん。この際、どっちでもいいな。
これまでホタテガイだと思って食べてたし(笑)。

貝柱の缶詰は3種類あって、
特上、上、並、とでも分類できそうな値段の差があり。
一番安いのを買ってみた。
それでも6ユーロ以上した筈。高級品である。

想像したよりも、小ぶりの貝柱。
近所のスーパーで生の貝柱は手に入る。
でも、水煮の甘味と歯ごたえは、また別物。
1806160236.png

大事に食べようと思ったものの、
そのためにわざわざ他の材料を買い物に行くのもなー。
家にある材料で、さっと作れるものを。

ここのところ肌寒い日があったりして、
ちょっと温かいものが食べたくなり。

冷ごはん、白菜、貝柱を、
出汁と酒としょうゆで煮て、雑炊に。
もちろん水煮の汁も加えて。
1806160237.png

定番ともいえる、大根と貝柱のサラダも。
プロが作るレシピサイトで見た、
マヨネーズ、わさび、レモン汁を混ぜたドレッシングで。
1806160238.png

マヨネーズとしょうゆで和えたりもし。

あっという間に、1缶消費。
弾力のある貝柱を、味がしなくなるまでしつこく噛み続け。
これで、十分、元がとれたか。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。